流星のナミダ栗山千明のデビュー曲『流星のナミダ』が、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の主題歌という強力タイアップを付けているにもかかわらずまったく売れていないことがわかりました。

関係者によると栗山千明のデビュー曲が売れない理由は、"クール・ビューティー"のイメージを気にしすぎたことにあると言いますが・・・。



デビュー曲惨敗で歌手活動終了!? イメージを気にしすぎた栗山千明と事務所の失敗

kuriyamachiaki

 クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビル』出演以降、"クール・ビューティー"を体現し、独自の存在感を誇る女優・栗山千明。一方で『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲルを信奉するアニメファンとして知られる彼女が、CHiAKi KURiYAMAとしてシングル「流星のナミダ」で2月24日に歌手デビューしたものの、さっぱり売れず、今後の歌手活動が危ぶまれているという。ある業界関係者は次のように明かした。

「DVD・Blu-rayで発売されたOVA『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の主題歌という強力タイアップを付けてリリースされた『流星のナミダ』ですが、オリコン初登場チャートはベスト10から漏れる11位でした。同日デビューを果たした北乃きいは7位と水をあけられ、声優・茅原実里、島田紳助プロデュースの新選組リアン、ハロー!プロジェクトの真野恵里菜にも惨敗でした。この事態に、レコード会社関係者、所属事務所スタッフもガックリと肩を落とし、今後のリリースプランを再検討しているようです」

 5歳で芸能界デビューし、すでにキャリアは20年。ハリウッド女優でもある栗山は、抜群の知名度を誇るものの、芸能界の後輩たちにことごとく敗れてしまった。『流星のナミダ』が不発だったのにはいくつか原因があるという。前出の関係者は次のように続ける。

「まずは、曲が微妙でしたね。『ガンダム』タイアップといえば、ノリノリのアッパーチューンやダンサブルな曲が多いのに、『流星のナミダ』はアッパーでもバラードでもない、ミディアムテンポの中途半端な曲でした。知名度だけで歌手デビューしても、ヒットを出せない好例ですね。また、レコード会社側は、発売促進イベントとして"握手会"を提案したものの、事務所はこれを固辞。"クール・ビューティー"の栗山がファンと気さくに交流するのは、イメージを大切にする事務所側はどうしても避けたかったようです。栗山のイメージ作りには、事務所も相当気を使っており、公式プロフィールから茨城県出身ということも削除しているほどです

デビュー曲惨敗で歌手活動終了!? イメージを気にしすぎた栗山千明と事務所の失敗

■栗山千明のデビュー曲『流星のナミダ』


■オリラジと千明様のエヴァトーク


■栗山千明の本棚
20080630105126
20080630105057
20080630105113

このニュースに対しネットでは、「茨城wwww」「あたかも茨城出身という点を隠せばイメージアップにつながると言いたげな文章だな」「茨城県民は怒っていいぞ」「茨城出身のクールビューティーてwwwww」「茨城差別すんなよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」「曲はイイ曲だったんだけどな」「イマルよりは売れてるな。」との反応。

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2010-03-12
売り上げランキング : 21
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools