ウシの動物学宮崎県が救済を求めていた種牛49頭のうち2頭から口蹄疫の症状が見つかったことに関し、赤松農水相が笑顔で「だから、はやく殺せっていってるのに・・・」と発言している動画が話題になっています。



1頭は26日から発熱症状 農水省が指導



宮崎県が救済を求めていた種牛49頭のうち2頭から家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)の症状が見つかった問題で、症状は2日前から出ていたことがわかった。農水省は宮崎県に対して、報告が遅れたとして注意、指導するとともに、28日のうちにも49頭を殺処分するよう求めた。

 農水省によると、症状が出た2頭のうち1頭は、26日から口蹄疫とみられる発熱の症状が出ていた。農水省は宮崎県に対して、症状が出た時点ですぐに報告するよう求めていたが、28日まで県から農水省に報告はなかったという。

 農水省は、宮崎県が種牛49頭の救済を求めた末に報告が遅れたことは問題だとして、県に対して口頭で注意、指導した上で、28日のうちにも49頭を処分するよう求めた。また、口蹄疫が拡大した背景を検証する際には、宮崎県と農水省との連絡体制も調査対象の一つになるとの考えを示している。

1頭は26日から発熱症状 農水省が指導

1
2

このニュースに対しネットでは、「笑顔で言うことか」「なんで笑ってるの?」「発言趣旨は間違ってないな」「結果論」「言い方ってもんがあるだろこのバカ その通りかもしれないけど」「全くその通りだ。時間の問題なんて分かりきってるのに、感情を優先させすぎた」「いやこいつは言葉やばすぎだろまじで」「顔はムカつくが 言ってることは至極正論だな」「これは赤松が正しい 躊躇して壊死した足を切り落とせず、命を落とすパターン」「正しいっちゃ正しいが宮崎の牧場の人こんな風に言われたらブチ切れるだろ」「笑顔で言うことではない、それだけは確かだ」「正論云々ではなく この表情と”言葉の選び方”は公の場ですべきではない」との反応。

ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブルネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル

WAVE出版 2009-06
売り上げランキング : 440988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools