The first chapter...MDMAを使用し、麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕された俳優、押尾学被告(32)の“獄中ノート"が公開されました。入手したのは7日発売の雑誌「エッジ・スタイル」。

その中で押尾学被告は、来月3日から始まる保護責任者遺棄致死事件の公判に向けた心境をつづっています。
押尾学被告は、裁判で無罪を主張する方針を明かしており、ノートには「人間破滅に向かう時はいつの間に転落する。そうなると落ちるところまで落ちきるまでは復活の目は出てこない。地獄の入口から戻ってやる」と書かれているそうです。



復活誓う…押尾被告の“獄中ノート”公開へ

 芸能人初の裁判員裁判を9月に控える元俳優、押尾学被告(32)が拘置所で記した“獄中ノート”が公開される。7日発売の雑誌「エッジ・スタイル」(双葉社)が入手しており「今じゃオレは沈没したボロ船」「地獄の入口から戻ってやる」と心情をつづっている。また、得意のサッカーについて弁護人に「本田圭佑はいい選手」と語っていたという。

 昨夏、日本中を揺るがした芸能界薬物事件。執行猶予判決が出た酒井法子(39)が薬物ルートの夫と離婚にこぎつけるなど復帰へ着実に前進中。そして、もう一方の主役だった押尾被告は依然、東京拘置所(葛飾区)の中にいる。

 薬物事件の後で起訴された保護責任者遺棄致死事件の公判が、東京地裁で始まるのは来月3日から。芸能人で初めてとなる裁判員裁判。再び大きな注目を集めることになる中、押尾被告の“獄中ノート”が出てきた。

 記述は約50ページ。弁護士を通じて友人にあてた内容が多く「今はヘビの生殺し状態。とても不安な状況」と書きなぐるように記すなど、本音を垣間見る内容だ。

 「沈みかけた船からは真っ先にネズミがいなくなる。オレは今じゃ沈没したボロ船と一緒」と、当初は人が去る無情に打ちひしがれた様子。バイリンガルらしく「ALL HOPE IS GONE(すべての希望が消えた)」など英語での記述もある。
 
復活誓う…押尾被告の“獄中ノート”公開へ

■公開された押尾学の獄中ノート
押尾学

また、押尾学被告のもっぱら日課は読書で、弁護士から差し入れられた堀江貴文氏の「徹底抗戦」などを読んでいるそうです。
「エッジ・スタイル」では、逮捕直前に米国のパリス・ヒルトンから国際電話で「マナブ、あなたはキュートなんだから、こんなことで負けちゃダメ」などと激励されたことについても書かれているようです。

このニュースに対しネットでは、「こいつ自分の環境に酔いしれてるだろ」「見事に自分のことしか考えてないな」「自業自得って日本語知ってる?」「僕は被害者ですって面やめんかい」「あー、俺も中学の時よくこんなことノートの隅に書いたよ」「しにがみは」「永遠の中二病だな」との反応。

EDGE STYLE (エッジ スタイル) 2010年 09月号 [雑誌]EDGE STYLE (エッジ スタイル) 2010年 09月号 [雑誌]

双葉社 2010-08-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools