川本真琴1996年、「愛の才能」で鮮烈なデビューを果たしたシンガーソングライターの川本真琴(37)が福井市内の母校でコンサートを行いました。

デビュー後「1/2」「桜」など数々のヒット曲を生み出しましたが、2006年に「川本真琴」名義での音楽活動を終了することを発表。その後、ユニットを組むなどして活動していましたが、2009年、再び川本真琴名義で活動を再開しています。



■川本真琴さん母校で歌声 麻生津小児童や保護者前に

1

 福井市出身のシンガー・ソングライター川本真琴さん(37)は5日、母校の麻生津小でコンサートを行った。同校児童や保護者ら約千人を前に明るい歌声を披露、児童との合唱もあり歌を通じて心を通わせた。

 川本さんは、1996年に「愛の才能」で鮮烈デビュー。翌97年発売のアルバム「川本真琴」はミリオンセラーとなった。川本さんのように大きく羽ばたいてほしいと同校PTAが「ふれあい学級」の一環として企画した。

 CMソング「いっぱい食べる君が好き」など7曲をピアノの弾き語りで披露。県立大出身の女性デュオ「ナナ・イロ」の一人、いわほりみちこさん(27)=福井市=もギターで参加した。パーカッション奏者の上坂朋佑さん(19)=越前市=も出演し、コンサートを盛り上げた。児童らと一緒にいきものがかりの「ありがとう」の曲も合唱。川本さんの澄んだ声と子どもたちの元気な声のハーモーニーが体育館いっぱいに響いた。

川本真琴さん母校で歌声 麻生津小児童や保護者前に

■川本真琴「愛の才能」


■川本真琴「1/2」


■川本真琴「DNA」


■川本真琴「桜」


このニュースに対しネットでは、「野沢直子みたいにパンチが効いてきたお・・・」「タイガーフェイクファーです」「突然テレビからいなくなった気がする」「出てきた時は天下取るくらいのとんでもない勢いだったけどなぁ」「岡村ちゃんに見出され、岡村ちゃんに乱された」「なんというマイペース」「デビューは凄かった。まだ唄ってたのか」「不思議ちゃんは年取るとキツい」「37かー俺も歳を取るわけだ・・・」との反応。

川本真琴
川本真琴
posted with amazlet at 11.02.05
川本真琴
ソニーレコード (1997-06-25)
売り上げランキング: 3737