放射線00816日、文部科学省が、福島県浪江町周辺で最大で毎時330マイクロシーベルトの放射線量を検出したと発表しました。

しかし、健康への影響は「コメントしないようにと首相官邸から指示を受けている」とし、詳細はわからない状態となっています。

東京電力福島第1原発は、16日お昼の時点で、3号機から白煙、放射性水蒸気が放出。4号機は再び出火しています。



■退避区域で6000倍の線量 福島で調査

 福島第1原発から放出されたとみられる放射性物質は、15日から16日にかけても各地で観測された。

 文部科学省は16日、屋内退避区域となっている東京電力福島第1原発から約21キロにある福島県浪江町周辺で、通常の約6600倍に相当する最大で毎時330マイクロシーベルトの放射線量を検出したと発表した。

 調査は15日午後8時40分~50分、同原発中心部から北西20キロ周辺で実施。モニタリングカーで3カ所を2種類の観測器で調べたところ、車外で毎時330~240マイクロシーベルト、車内で毎時300~195マイクロシーベルトを確認した。

 文科省の森口泰孝文科審議官は「一般的には距離が離れれば放射線量は減るが、風の流れなどの影響で必ずしも距離と線量の関係は一致しない」と説明した。健康への影響は「コメントしないようにと首相官邸から指示を受けている」とした。

 山形市の放射線量が16日午前3時に過去15年間で最高の0・114マイクロシーベルトとなったことが、山形県の調査で分かった。県によると、昨年同時期の平均値の約3倍。午前10時までに0・073マイクロシーベルトに下がったという。

 長野県も16日、長野市で15日夜、昨年度の平均値の約2・8倍となる1時間あたり0・1070マイクロシーベルトを検出したと発表した。16日午前は同0・09台で推移している。(共同)

退避区域で6000倍の線量 福島で調査
■東京電力福島第1原発
放射線002
放射線006
放射線007

■放射線の人体への影響(1000マイクロシーベルト=1ミリシーベルト)
放射線005
放射線004
放射線003
放射線001

このニュースに対しネットでは、「禿げてきたんだけど」「もう数値の感覚がおかしくなってる」「地球上で一番高いブラジルのどこかで換算しなおしてくれ」「倍って言葉使うな」「放射能ってあたると痛いの?」「おれ多分超能力に目覚めるわ」「そろそろ単位からミリが消える季節か・・・・・μ→mm→」「まだだ、まだ終わらんよ!」との反応。

放射線000