「いい人」をやめると楽になる―敬友録作家の曽野綾子(71)が、『WiLL』6月号の「昇一先生の美女対談」のコーナーで「避難所が寒くて凍えそうだ」と言う東日本大震災の被災者に対し、「そこらじゅうにあんなに薪があるじゃないですか。どうして木片は燃やさないんですか」と発言していることがわかりました。

また放射能の強い被災地に対しても「じいさんばあさんを行かせればいいんですよ」と発言しており、ネットユーザーから「簡単に言ってくれるなあ」「てめーが被災しろ」「老害ここに極まり」と非難の声が出ています。



■ 不幸からの贈り物が日本人を鍛える (渡部昇一、曽野綾子)

曽野綾子

こんなにひどい津波は見たことがない、一千年に一度の災害、と言われていますが、予想の範囲を超えていて、誰にも責任はないことをハッキリしないといけません。その代わり、決められていたよりも手を抜いてつくられていたものに対しては、厳罰を下す。そこを分けて考えないと、誰もやる人がいなくなります。私は水力発電のことしか知りませんが、建設には仕様書があって、どこまでの事態を想定するのか、決壊したら何トンの水が何分後にどこに到達するのかが考慮されています。しかし、それを考えるのは東電ではありません。そもそもの想定が甘かったなら、責任は東電ではなく設計側にあります。

私は、未だに答えのない疑問を持っているんです。「避難所が寒くて凍えそうだ」「低体温症で体調を崩している」「温かいものが食べられない」という報道がありましたが、あれはなぜ?
そこらじゅうにあんなに薪があるじゃないですか。瓦礫の処理が大変だと言っていますが、どうして木片は燃やさないんですか。同じ高さの石を三つ積めば竈ができるんです。そこに、あれだけ燃やすものがあるんだから、あとはどこからか鍋を拾ってくればいい。私だったら、あそこで薪を集めて食事をつくります。

『WiLL』6月号 《昇一先生の美女対談》

■曽野綾子
曽野綾子0

1931年9月17日(79歳)
職業:作家。2009年10月より日本郵政社外取締役。
海外の悲惨な状況にある難民への支援活動に関わっている[要出典]ことから、国内の災害などの被害者や、市民活動に対して、一貫して批判的な態度を取っている。
大型台風被害について、「一晩くらいの事で何でそんなに避難者を甘やかすのか、避難するなら健常者は食糧寝具くらい自分で避難所に持って来るのが普通」とコラムで述べる[8]。
新潟県中越地震について、「避難所で救援物資を当てにして待っている避難者は甘え過ぎだ。避難する時に寝具を担いで逃げるのは当たり前。自分ならガス漏れの心配のない所ですぐに火を熾して米を炊く。必要なものが手元にないのなら、その辺で調達してくる才覚も必要だ」とコラムで述べた[9]。
戦地に折鶴を贈る市民運動に対し「戦地に送るなら金を送った方が遥かに有用なのに、全く馬鹿げている」と批判。ただし、戦地に募金や物資を送ることについても「甘やかすな」と批判している。
曽野綾子 - Wikipedia

■関連記事
曽野綾子「東電に責任はない」「放射線の強い所は、じいさんばあさんを行かせればいい」

このニュースに対しネットでは、「正しい部分も含んでいるが、あとは説得力(論理構成)の問題だな」「廃棄物みんな海水漬けだろ?Clって燃やすとダイオキシン発生するんじゃなかったっけ」「つまり焚き火して外で寝ろという事か」「湿ってる木に火をつけるのは難しいと思うんだ」「石原と同じメンタリティなんだよこいつらも」「戦時中の感覚しかねえんだな。被災地と戦争時は違うって言われても分かんねえんだろうな」「曽野綾子「私の発言で掲示板が炎上中wほらこれで暖かくなったでしょ?」」との反応。

老いの才覚 (ベスト新書)
曽野 綾子
ベストセラーズ
売り上げランキング: 61