るろうに剣心 Complete Collectionアニメ・ゲーム化もされた人気漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』が、俳優の佐藤健主演で実写映画化されることがわかりました。

監督は昨年の大河ドラマ「龍馬伝」の大友啓史。
佐藤健は、「龍馬伝」の岡田以蔵役を熱演しファンから絶賛されましたが、映画「るろうに剣心」のオファーはそれ以前からあったそうで、主人公・緋村剣心のルックス、キャラクターを演じれる役者は「佐藤健しかいない」とプロデューサーは語っています。



■「るろうに剣心」龍馬伝タッグで実写映画化!剣心役は佐藤健

るろうに剣心
実写版『るろうに剣心』

和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の実写映画化が決定した。主人公・緋村剣心役に選ばれたのは佐藤健。監督は大河ドラマ「龍馬伝」の大友啓史が務める。

松橋真三プロデューサーはキャスティングの理由のひとつとして佐藤のルックス、背格好のイメージが近いことも認めつつ、「剣心というキャラクターは、過去の業を引きずりながらも、愛くるしい笑顔が魅力。自らの宿命と対峙しながらも、決して暗くならず、まわりを安心させる笑顔ができる役者は、いま佐藤健しかいない」と語った。

大河ドラマ「龍馬伝」で岡田以蔵役を演じた佐藤だが、実はそれ以前から映画「るろうに剣心」のオファーがあったという。佐藤は「『龍馬伝』で演じた岡田以蔵役では、心を無にして以蔵という役を生きることに集中していましたが、今回の剣心という役は、原作のある作品で、誰もが知っているキャラクターだからこそ、役を生きるだけでなく、“見せる”演技が問われていると思います。ディテールにもこだわって、スタッフさんと剣心像を作っていきたい」と意気込みを見せる。

映画「るろうに剣心」は、明治維新のために伝説の人斬りとして過ごした剣心が、維新以後、殺さずの誓いをたて、町から町へ流浪の旅をしているところから物語が始まる。製作はワーナー・ブラザース映画、制作プロダクションはSTUDIO SWAN(IMJ-E)で、この夏クランクイン。公開は2012年を予定している。

「るろうに剣心」龍馬伝タッグで実写映画化!剣心役は佐藤健

■るろうに剣心 最終話


このニュースに対しネットでは、「けっこう似合ってるんじゃないの」「斎藤は伊勢谷でいいんじゃね、ビジュアル的にピッタリだし」「さのすけなら市原隼人でどうだ?」「テレビドラマで見たい。龍馬伝じゃなくて仁のスタッフで」「剣心役は女優使え!」「まあヒロインは武井咲だろうな」「由美は吉瀬美智子で」「神谷薫=石原さとみor綾瀬はるかor新垣結衣」「ccoは中村獅童のイメージ」との反応。

■関連記事
『るろうに剣心』 佐藤健主演で実写映画化決定か?
大河ドラマ 「龍馬伝」 岡田以蔵役を熱演した佐藤健にネットユーザー絶賛

るろうに剣心 追憶編 [Blu-ray]
アニプレックス (2011-08-24)
売り上げランキング: 229