AKBがいっぱい~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~人気アイドルグループAKB48の“使用済み衣装”がオークションに出品され、入札額がわずか2日で10億円超え(7日14時時点)していることがわかりました。

出品されたのは、AKB48の21枚目のシングル「Everyday、カチューシャ」のミュージックビデオ撮影時に着用されたキャミソール、ポロシャツ、パーカー、カーディガンの計4点。

誰が着用していたのかは明かされていませんが、入札件数は300超え、入札額も8ケタ1億円を超えており、数秒で入札額が上がる事態となっています。



■AKB“使用済み”衣装オークション出品

Everyday、カチューシャ

 人気アイドルグループ・AKB48の“使用済み衣装”が6日、オークションサイトの最大手「ヤフーオークション」に出品された。これまでAKB48の私物は出品されたことがあるが、メンバーが実際に使用した衣装は初めて。東日本大震災のチャリティーの一環として出品されたもので、落札金は手数料を除いた全額が日本赤十字社を通じて寄付される。

 5億円の義援金や慰問イベントなど、積極的に被災地への支援を行ってきたAKB48。今度はその衣装までもが、被災者への助けとなる。

 出品された衣装は、5月25日に発売された21枚目のシングル「Everyday、カチューシャ」のミュージックビデオ(MV)撮影時に着用されたもの。誰が着たかなどは明かされていないが、キャミソール、ポロシャツ、パーカー、カーディガンの計4点。正真正銘の“使用済み”となれば、ファンにとってはまさにお宝だ。

 AKB48は、6月25日に幕張メッセで行われた、震災復興チャリティーイベント「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」に参加。その縁で、ヤフオクが行っている被災地支援チャリティーオークションへの出品が決まった。

 オークションは6日午前9時40分、1円からスタート。午後6時には入札件数が20件を超え、価格も10万円を軽く突破。あらためて人気の高さを証明した。終了は12日の午後10時39分となるが、AKBのファンは、総選挙のためにCDを1人で2000枚(320万円相当)以上買った人がいると言われるほど熱烈。熱心なファン同士が入札合戦を繰り返せば、驚異的な高額での落札になる可能性もある。

 AKB48の派生ユニット・ノースリーブスの高橋みなみ(20)、小嶋陽菜(23)、峯岸みなみ(18)も、私物のTシャツにサインを入れてヤフオクのチャリティーオークションに出品。高橋のTシャツは15万円を超えるなど、こちらも高騰している

AKB“使用済み”衣装オークション出品

■[チャリティ] AKB48「Everyday、カチューシャ」撮影時 使用衣装
a000
[チャリティ] AKB48「Everyday、カチューシャ」撮影時 使用衣装

38 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2011/07/07(木) 13:48:25.92
特定
http://img371.auctions.yahoo.co.jp/users/6/5/1/5/mtvj2010-img450x600-1309855564sqfj7k1055.jpg

キャミ パーカー 前田敦子
a002
カーデ 篠田麻理子
a003
ポロ 柏木由紀
a004

■【PV】 Everyday、カチューシャ ダイジェスト映像 / AKB48 [公式]


このニュースに対しネットでは、「F-22何機分までいくんだろ」「取れるところで取るって感じだな」「5億www」「こんなのどうせ取り消されるって落札した奴も名乗り出る訳ない、釣り入札だから」「誰だよ遊んでるヤツはw」「ポンポンと100万単位であがる」「チャリティーでふざけて入札してる奴は。本名・住所を明記していいと思う」「どんな臭いなんやろ・・・」との反応。