ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!携帯ストラップ(おばちゃん)日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の「おばちゃん3号」のキャラクターで人気の三城晃子さんが多臓器不全のため亡くなったことがわかりました。

三城晃子さんは、エキストラながらその独特の存在感と個性溢れるキャラクターで、ダウンタウンの二人に突っ込まれ一躍人気者に。
プロレス団体「西口プロレス」のラウンドガールやテレビ東京系ドラマ「URAKARA」にも出演し、積極的に芸能活動を行うさなかでした。



■ガキ使名物キャラ「おばちゃん3号」死去

o001

 日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日曜・後10時56分)の名物キャラクター「おばちゃん3号」を演じていたタレントの三城晃子(みしろ・あきこ)さんが27日午前0時10分、多臓器不全のため亡くなった。65歳だった。2週間前に体調を崩し、入院。心配をかけないようにと、詳しい病状を所属事務所にも説明しておらず、突然の訃報に関係者は深い悲しみに包まれた。

 “ガキ使”の強烈キャラが亡くなった。三城さんは体調不良を訴え、約2週間前に入院。所属事務所には「退院したら話しますので」と詳しい病状は伝えておらず、ひっそりと帰らぬ人となった。突然の訃報に、関係者は「気を使われるのが嫌な性格だったので…。本当にびっくりしています」と声を震わせた。

 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で圧倒的な存在感を放った。同番組では無名のエキストラが名物キャラクターとして不定期で登場するが、三城さんは「おばちゃん3号」として2002年から出演。大きな顔と分厚い唇、眼鏡が特徴で、「2頭身」「顔デカおばちゃん」などと呼ばれた。

 パンチパーマの「おばちゃん1号」(浅見千代子)とコンビを組み、ダウンタウンや山崎邦正(43)、ココリコなどの男性出演者をにらみつけたり、無理やりディープキスするなどして、コアな人気を博した。元チーフプロデューサー・菅賢治氏の妻という設定で登場したこともあった。

 番組出演をきっかけにブレークし、本格的に芸能活動をスタート。多くのバラエティー番組やドラマ、CMに出演した。お笑い芸人によるプロレス団体「西口プロレス」のラウンドガールも務めていた。最後の仕事は4月1日放送のテレビ東京系ドラマ「URAKARA」だった。日頃から「私は“ガキの使い”に育てられた」と感謝し、出演を楽しみにしていたという。

ガキ使名物キャラ「おばちゃん3号」死去

■三城晃子さん
o000
o002
o003



このニュースに対しネットでは、「これはマジ久しぶりに呆然となる訃報だわ。冥福を祈る」「キスしたかった」「チューしてた唇オバケの人か」「2頭身のおばちゃんか・・・!」「腰フリと顔デカともう一人は誰だ?」「2号って誰だ?」「LAのおばちゃん?」「一時期、菅の妻って設定だったのこの人だっけ。「家内~」とか呼ばれて」「いいキャラやったわ。ご冥福をお祈りします」との反応。