ジェルネイル ライフダルビッシュ有(25)との離婚を発表した紗栄子(25)の、子供が成人するまで支払われる養育費が、「子供2人で毎月200万円弱、170万~190万円あたりで落ち着いた」ことがわかりました。

慰謝料、不動産などの財産分与もなく「ダルビッシュ側の意向に近い形での決着」になったそうで、裁判所の指導に従った適正な条件で合意したとのことです。

ネットの掲示板では、「それでも貰い過ぎ」との声が多く、紗栄子叩きが再び過熱しています。



■紗栄子:慰謝料ゼロも「養育費毎月200万円弱」

sa002

 大リーグ・レンジャーズへの入団が決まったダルビッシュ有(25)とタレント紗栄子(25)が19日、離婚した。2人の所属事務所によるとこの日、代理人が東京都内の区役所に離婚届を提出、受理された。

 子供2人の親権は紗栄子が持ち、慰謝料はなし。事務所は「子供たちのためにも一刻も早くお互いが新しい人生に踏み出すことを第一に協議してきたので、慰謝料はなかった」と説明している。

 子供が成人するまで支払われる養育費については「裁判所の指導に従った適正な条件で合意した」としており、関係者によると「子供2人で毎月200万円弱、170万~190万円あたりで落ち着いた」という。不動産などの財産分与もなく「ダルビッシュ側の意向に近い形での決着」(関係者)になった。

紗栄子:慰謝料ゼロも「養育費毎月200万円弱」

■紗栄子
sa001
sa000

このニュースに対しネットでは、「年200万か妥当だな」「税務署はサセコが養育費を養育以外に使わないように見張れよ」「そうだろう200くらいが妥当だわ」「年俸2400万だぞ。一般感覚とかけ離れてるから税金を掛けろ」「500万と言われてたから、良心的に感じるなw」「200万弱でも貰いすぎ」「成人するまで毎月200万って、どんだけ金をせしめれば気が済むんだ?まじで金の亡者だろこいつ」「年間2000万ですか。安くなりましたね」との反応。