パンダジャニーズ事務所の復興支援プロジェクト「Marching J」で、集まった募金の使用用途を仙台市にパンダを貸与するために使うと、プロジェクト代表の近藤真彦(47)が発表し物議を醸しています。

近藤真彦は、「パンダがくることで、東北で怖い思いをした子どもたちの笑顔が一つでも多く取り戻せたら。経済効果も大きいと思う」とコメント。

パンダ貸与のために中国に贈られたお金は四川大地震で被災した遺児のための奨学金という形になり、「日本の学校に入れてあげ、就職まできちんと面倒を見てあげられれば。この件も中国サイドには伝えていて、とてもハッピーに思ってくれています」とプランを明かしました。



■マッチ、震災復興支援へ「仙台にパンダよぶ」…理解求め後輩達に通達書

 ジャニーズ事務所の東日本大震災復興支援プロジェクト「Marching J」の代表を務める歌手・近藤真彦(47)が、プロジェクトの柱として仙台市・八木山動物公園にジャイアントパンダを誘致する活動の思いを語った。日中国交正常化40周年の年内招致が有力といい、貸与決定後はパンダの故郷であり、08年の中国・四川大地震で被災した遺児らのために奨学金という形で支援する構想を明かした。

 ジャニーズ事務所の全アーティストが参加する復興支援プロジェクトの立ち上げから約10カ月。支援の柱としてパンダ誘致を選択した近藤は、後輩たちに理解を深めてもらうため自ら通達書を送付。「パンダがくることで、東北で怖い思いをした子どもたちの笑顔が一つでも多く取り戻せたら。経済効果も大きいと思う」と意義を語った。

 支援は、みんなの目に見えて形に残るものにしたかった。95年に発生した阪神・淡路大震災の際には、97年に支援チーム「J‐FRIENDS」を結成し、義援金を寄付。震災発生当時の小学校1年生が義務教育を終了するまで活動を続けたが、支援結果がわかりにくかったという。

 当時の反省も踏まえ、パンダ誘致活動は昨夏から開始。昨年12月には黒柳徹子(78)とともに首相官邸を訪ね、野田佳彦首相(54)に直接協力を要請。日中国交正常化40周年の節目とあって、中国側も貸し出しに前向きといい、年内誘致へ向けてパンダ厩舎建設など準備を進めていく。

 その上で招致実現後は、パンダの故郷・四川への支援も惜しまないつもりだ。四川遺児のために奨学金という形で「日本の学校に入れてあげ、就職まできちんと面倒を見てあげられれば。この件も中国サイドには伝えていて、とてもハッピーに思ってくれています」とプランを明かした。

マッチ、震災復興支援へ「仙台にパンダよぶ」…理解求め後輩達に通達書

■仙台市パンダレンタルに潜むもの


このニュースに対しネットでは、「要するに中国アイドル市場開拓のコネクション作りに基金の金使うための理由作りが欲しいと」「客寄せしたいなら、パンダなんかより、お前のところのタレントを檻に入れて飾ってろ」「パンが無ければパンダを食べればいいじゃない」「マッチは事務所に言わされてるだけだぞw」「ほんとに頭がおかしいのか。それとも入れ知恵してるやつがいるのか」「集めた募金まだ手元にあるんだ」「チャイニーズ事務所に変名しろ」との反応。

パンダだらけ
パンダだらけ
posted with amazlet at 12.01.31
エポック社 (2011-02-19)
売り上げランキング: 267