王国への追跡 ~地下鉄サリン事件から15年 オウム特別手配犯の潜伏先~元オウム真理教の信徒の菊地直子容疑者(40)が3日、相模原市内の潜伏先で身柄を確保され、警視庁に逮捕されました。

警視庁は菊地直子容疑者の画像を公開。
すると、菊地直子容疑者の着ている紫色のトレーナーに問い合わせが殺到していることがわかりました。

問い合わせが殺到しているトレーナーは通販会社フェリシモの「SUNNY CLOUDS(サニークラウズ)」シリーズ。
女性に人気のブランドで2004年ころ売り出されたものとみられています。



■元オウム・菊地直子容疑者、逮捕時着用トレーナーに問い合わせ殺到

k001

 1995年の地下鉄サリン事件で、殺人容疑などで特別手配されているオウム真理教元信者・高橋克也容疑者(54)に酷似した男が、川崎市内の建設会社に勤務し、4日に川崎駅などの防犯カメラに映っていたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。銀行口座から数百万円を引き出していたことも判明。警視庁築地署捜査本部は逃亡を図ったとみて、発見に全力を挙げている。この日、菊地直子容疑者(40)と、犯人蔵匿容疑で逮捕した高橋寛人容疑者(41)を送検した。

 4日に警視庁が公開した写真で、菊地容疑者が着ているトレーナーのブランド名がはっきり読み取れることから、兵庫県神戸市の衣料通信販売会社には問い合わせが相次ぎ、同社は困惑している。

 広報担当者によれば、菊地容疑者が着ているトレーナーは「肌になじむTシャツ」シリーズとして2004年秋から販売開始されたもの。注文者に毎月1枚ずつデザインを変えたものが、届けられる方式になっていた。月々の値段は1900円。シリーズは好評で今年2月まで続いた。菊地容疑者が来ているデザインは初期の04年頃のもの。約3600枚販売されたという。しかし、広報担当者は「自分で購入したのか、支援者からもらったものなのかは分からない」と話した。

 商品愛用者からは様々な反応があったという。「こんなことに負けず、頑張ってください」などという激励の声も多かったという。また、警視庁がブランド名を隠さずに公表したことに「顔や容ぼうを見せれば十分で、シャツのブランド名を隠すことはできたのではないか」と疑問を投げかける声もあった。

元オウム・菊地直子容疑者、逮捕時着用トレーナーに問い合わせ殺到

■菊地直子容疑者
k002
k000
k003

このニュースに対しネットでは、「宣伝効果、すげぇーな」「はいはいステマステマ・・・じゃないのか?」「買ってどうすんのwwwコスプレ?」「こんなことで問い合わせする奴なんているんだな」「思わぬところで人気出たりするんだよなw」「林真須美さんが着てたトレーナー覚えてますか?」「電話して何がしたいんだろ?苦情?」「ミキハウスも有名になったことあったな」「これで売り上げは下がるのか上がるのかどっちだ」との反応。

メダロット7 カブトVer. 特典 メダロットARトレカ付き