王国への追跡 ~地下鉄サリン事件から15年 オウム特別手配犯の潜伏先~特別手配中のオウム真理教の高橋克也容疑者(54)が15日朝、東京・大田区のマンガ喫茶で身柄を確保されました。

警視庁によりますと、午前8時半ごろ「高橋克也容疑者に似ている男がいる」と通報があり、捜査員が大田区西蒲田にあるマンガ喫茶に駆け、高橋克也容疑者とよく似た男を任意同行。

男から事情を聴き、指紋で高橋克也容疑者本人と確認されたとのことです。



■<オウム>高橋克也容疑者を逮捕

t001

 地下鉄サリン事件などで警察庁から特別手配を受け、川崎市の潜伏先から逃走していたオウム真理教の元信者、高橋克也容疑者(54)が15日、東京都大田区内の漫画喫茶で発見された。警視庁は高橋容疑者と確認し、殺人容疑などで逮捕した。6月3日の菊地直子容疑者(40)の逮捕をきっかけに潜伏先が判明。翌日に捜査員が現着したものの、直前に姿を消した高橋容疑者だったが、11日に及ぶ逃亡劇の末の逮捕となった。

 オウム関連事件での特別手配者の逮捕は今年に入って、1月の平田信被告(47)、菊地容疑者に続き3人目。手配から17年を経てようやく19人全員が逮捕されることになる。

 高橋容疑者は、井上嘉浩死刑囚(42)がトップを務めた教団の非公然部隊「諜報(ちょうほう)省」に所属。95年3月の地下鉄サリン事件と同年2月の目黒公証役場事務長監禁致死事件で警察庁が特別手配していた。ほかに同年5月の東京都知事宛ての郵便物爆弾事件では殺人未遂容疑で、猛毒のVXを用いた男性3人への襲撃事件では殺人・同未遂容疑で、それぞれ逮捕状が出ている。

 地下鉄サリン事件では散布役の豊田亨死刑囚(44)の送迎役を務めたとされる。警視庁は事件の全容解明を目指すとともに、17年に及ぶ逃走生活の実態を調べる。

 高橋容疑者は96年11月ごろまで埼玉県所沢市のマンションで、菊地容疑者らと潜伏していたことが確認されて以降、行方が分からなかった。6月3日に菊地容疑者についての潜伏情報が寄せられ、相模原市の自宅で菊地容疑者を逮捕。供述などから高橋容疑者が「櫻井信哉」の偽名で川崎市に住んでいたことをつかんだ。勤め先だった同市内の建設会社の社員寮を割り出し、今月4日に捜査員が踏み込んだが、すでに逃走していた。

 高橋容疑者は一時期、自宅に1700万円を保管していたことや、逃走直前に金融機関から238万円を引き出していたことも判明。警視庁は金融機関の防犯カメラの画像などを次々と公開し、市民からの情報提供を呼び掛けた。さらに全国の警察本部が駅やホテルなどの警戒を強化するなど、高橋容疑者を追い込む捜査を進めてきた。【小泉大士】

<オウム>高橋克也容疑者を逮捕

■移送される高橋容疑者
t004

■身柄を確保された漫画喫茶
t002
t003
t000

このニュースに対しネットでは、「川崎から大して動いてなかったのか」「大金持ってる割には行動範囲が狭いのな」「消費税ぼかすために今日まで泳がせてただけだろ」「どさくさに紛れての消費税増税法案成立クルーーーー」「神奈川にいれば捕まらなかったのにバカだな」「通報したのは店員それとも満喫の住人?」「昨日の川崎は何だったんだー!!!!!!!!!!」「シャバで最後に読んだ漫画はなんだったのかな」との反応。
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1339722749/

境界線上のホライゾン