島田紳助流“お金の法則”―資産数十億円!マネればうまくいく昨年芸能界を引退した元タレントの島田紳助(56)さんが、暴力団との関係を報じられ「週刊現代」を訴えていた件で、東京地裁の本多知成裁判長は、「取材内容の信用性は高い」として島田さんの請求を棄却したことがわかりました。

週刊現代は昨年10月15日号で、「切っても切れない『島田紳助と暴力団』」と題し、島田さんが暴力団関係者同席の下で不動産取引交渉を行ったとする疑惑を記事に。

本多裁判長は、現代側の取材内容について「具体的かつ詳細で、内容に不自然な点はない」と指摘。
吉本興業へは「島田さんと暴力団との密接な関係を知りながら、所属契約を継続した」との記載内容が名誉毀損にあたると認め、110万円の支払いを命じました。



■島田紳助さん敗訴=週刊誌記事めぐる訴訟―東京地裁

s001

 週刊現代で「極道の世界の一員」などと報じられ、名誉を傷つけられたとして、元タレントの島田紳助(本名・長谷川公彦)さん(56)と吉本興業が発行元の講談社側に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁の本多知成裁判長は30日、島田さんの請求を棄却する一方、吉本興業への110万円の支払いを命じた。

 問題とされたのは、昨年10月15日号の「切っても切れない『島田紳助と暴力団』」と題した記事。
 判決は、島田さんが著名な芸能人で、暴力団との関わりという社会的関心が高い内容であることから、記事には公共性、公益性があるとした上で、「重要部分について、少なくとも真実と信じる相当な理由があった」と指摘、不法行為は成立しないとした。

島田紳助さん敗訴=週刊誌記事めぐる訴訟―東京地裁

■当時のニュース
s000

このニュースに対しネットでは、「逆転敗訴って単語面白いなw」「アホかw自分で証明しよったw」「こんなヤツをフジと吉本は復帰させようと目論んでるんだぜ」「裁判所認定wwww」「これは気持ちの良い判決」「何が逆転?地裁だし逆転という要素がゼロなんだが」「切腹するんだよな?」「紳助、金はあるんだしもう宮古でらっきょでも育てながらゆっくり余生を過ごしたらええがな」「行列のできる法律相談所に相談してから訴えればよかったのにwwww」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1351593312/

メタルギア ライジング リベンジェンス プレミアムパッケージ(限定版) 数量限定特典 カスタマイズ用ボディ『サイボーグ忍者』ダウンロードコード 同梱
メタルギア ライジング リベンジェンス プレミアムパッケージ(限定版) 数量限定特典 カスタマイズ用ボディ『サイボーグ忍者』ダウンロードコード 同梱