テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典DVD付2枚組)23日に放送されたTBS系「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」に漫画家ヤマザキマリが登場。
大ヒットした映画「テルマエ・ロマエ」の原作使用料がわずか100万円だったことを明かし、話題となっています。

ヤマザキマリは番組内で、「映画の興行収入は58億円だったが、原作使用料は約100万円だった」「映画がいくらヒットしても私自身は全然儲からなかった」と告白。

映画化までの流れも「原作使用料として100万円入金されるからよろしくね」と勝手に決められたことを明かし、「1ページ2万円弱の原稿を描いてたほうがまだ儲かる」と告白しました。



■映画「テルマエ・ロマエ」の原作使用料が安すぎる


23日、バラエティ番組「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBS系放送)で、映画「テルマエ・ロマエ」の原作者が登場して、衝撃の告白をした。

今回の放送では、阿部寛、上戸彩の出演で大ヒットした映画「テルマエ・ロマエ」の原作者・ヤマザキマリさんが登場。ヤマザキさんは「映画の興行収入は58億円だったが、原作使用料は約100万円だった」「映画がいくらヒットしても私自身は全然儲からなかった」と衝撃の告白をしスタジオが騒然となった。

映画化の経緯としては、ある日突然「原作使用料として100万円ぐらい入金されるからよろしくね」と出版社に言われ、金額も勝手に決められていたという。さらには原稿で忙しいなか、一日中映画の宣伝のため拘束されても全てノーギャラ。しかし周りからは「映画の大ヒットで儲かってるんですよね?」などと言われ困ったという。ヤマザキさんは自身の原稿料にも触れて「1ページ2万円弱の原稿を描いてたほうがまだ儲かる」と明かした。

過去には漫画「海猿」の原作者・佐藤秀峰さんも、映画化で70億円のヒットとも言われたが、原作者としては250万円ほどしかもらえないと告白しており「漫画家はいい様に利用されていて、それでも映画化されると喜ばなきゃいけない。なめられてると思う」とツイートしている。

(続きは以下のリンクより))
映画「テルマエ・ロマエ」の原作使用料が安すぎる

■「海猿」の原作者・佐藤秀峰氏のツイート

このニュースに対しネットでは、「そういう契約だったんじゃないの?」「何パーとかで決めるんじゃないんだね。変なの」「出版社もダメだろこれ・・・」「確か銀河鉄道999の人も怒ってたな」「なるほど、こういうカラクリがあるから無理矢理映像化するのか。恐らく出版社もかなり貰ってるんだろうな」「単行本売上上がれば儲け増えるからいいんだろ。嫌なら初めから歩合にしとけばよかった」「流石にこれは出版社に文句いえよ。つーか出版社は自分達が育てた作家を守る意識ないのかね」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1361786125/

ヤマザキマリのリスボン日記 テルマエは一日にして成らず
ヤマザキマリのリスボン日記 テルマエは一日にして成らず