ナインティナインの上京物語ナインティナインの矢部浩之(41)の父親が生活保護を申請しようとし、矢部がそれを止めに入った過去をNEWSポストセブンが報じています。

記事によると、矢部の幼少期に父親が知人の保証人となり、多額の借金を背負うことに。
矢部は子供時代から、お年玉もアルバイト代も父親に集られ、それは大人になっても変わらなかったとのことです。

矢部の父親は、矢部に仕送り額のアップを要求。しかし、矢部がそれを断ると、父親は生活保護申請をしようとしたとのことです。



■ナイナイ矢部浩之 父親が生活保護申請を試みた時に止めた

 3月27日に入籍したナインティナインの矢部浩之(41才)と元TBSアナウンサーの青木裕子(30才)。交際3年のなかで、何度も結婚寸前といわれてきたふたりだが、矢部が入籍に前向きでないため、破局危機を報じられたこともあった。彼が結婚に踏み切れなかった理由とは?

「それは家族に“爆弾”を抱えているからなんですわ」(矢部家の知人)

 矢部は、トラック運転手の父親と専業主婦の母親を持ち、3人兄弟の次男として、大阪に生まれた。ごく普通の家庭だったが、矢部の幼少時代、父親が知人の保証人となり、多額の借金を抱え、極貧生活に陥った。

「父親は、矢部さんの子供時代のお年玉も高校時代のアルバイト代も借金の返済に当ててました。息子の金にたかるのは、矢部家では当たり前だったようです…」(前出・矢部家の知人)

 しかし、息子が有名になると、父親の“たかりグセ”はますますヒートアップしていったといわれる。これまでも矢部は、父親のたかりエピソードを数多く披露してきた。たとえば、

●仕送りを断ったら、「勘当や!」と言われた。
●矢部の銀行口座から毎月30万円を勝手に引き出し、愛人に貢いでいた。

 あまりにも現実離れしているが、どうやらネタだけではないようだ。矢部に仕送り額のアップの申し出を断られたときには、こんな暴挙に出たという。

「父親が生活保護申請をしようとしたそうです。その話を聞いた矢部は、慌てて父親にお金を送って、その行為をやめさせたんです」(芸能関係者)

(抜粋)

ナイナイ矢部浩之 父親が生活保護申請を試みた時に止めた

■矢部家三兄弟


このニュースに対しネットでは、「矢部さんいい人や」「意外としっかり考えてる人なのね。そりゃ青木アナも惚れるよね」「この場合は、縁を切って良いんじゃないか?室伏と同じで、その後親がどうこうしようが関係ねえし・・・」「兄貴も芸能事務所潰して無職だし兄弟からもたかられる矢部」「美談にするんじゃなくて縁切れよ」「糞親持つと大変だよな」「河本家は親子そろって屑やったけど、矢部家は息子の方はマトモだったって事だな」との反応。

元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365059238/

■関連記事
ナイナイ 矢部浩之、青木裕子アナとは 「ブレない婚」 馴れ初めや婚約秘話明かす
ナイナイ 矢部浩之(41)、元TBSの青木裕子(30)アナウンサーと入籍 … 2人で区役所へ

ダウンタウンの前説 vol.1
ダウンタウンの前説 vol.1