連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で、能年玲奈の演じる主人公・天野アキが所属するアイドルグループ「GMT47」の歌う挿入歌「暦の上ではディセンバー」の制作秘話を作曲家の大友良英がブログに綴りました。

「暦の上ではディセンバー」は「あまちゃん」のために作ったオリジナルソングで、作詞は宮藤官九郎、作曲はSachiko M、江藤直子、高井康生、大友良英の4人で制作。
作曲からデモ録音までほぼ数時間で作られており、大友良英は、へとへとになって作ったと明かしています。

ブログでは「急遽「暦の上ではディセンバー」の配信決定のメールが飛び込んできました」と発表。
29日より、着うた、着うたフル、RBT、シングルレコチョク、NHKサウンズ、他より配信スタートするとのことです。



■いきなり情報解禁「暦の上ではディセンバー」制作秘話

a

「宮藤さんが「潮騒のメモリー」を5分で書いたことに対抗し、3分で作ろうと思いましたが、さすがに無理でした(敗北!)。サビのメロディはわたし、AメロとBメロは「潮騒のメモリー」の作曲者でもあるSachiko M、イントロと間奏のメロディは劇伴の編曲もやっている江藤直子、リズムやバックトラックは劇中のカラオケを作っている高井康生の4人でバンドでもやるように作りました。録音やミックスも本物の2009年のミリオンセラーに負けないよう、全力でつくりました。」

これまだでてないかもですが、公式発表用のわたしのコメントです。

 いよいよ荒巻太一(太巻)がプロデュースした2009年のミリオンセラー、アメ横女学園芸能コースが歌う「暦の上ではディセンバー」が全貌を現しました。といっても、まだ聴き取りにくい部分あると思いますが。

それにしても、今回は宮藤さん、3分で歌詞作ったらしく、あ~~悔しい。

 もちろんこの曲、2009年にリアルヒットしたものではなく、ってか、そもそも太巻さんも架空の人なので、これは、あくまでもあまちゃんの生きている架空の世界を作るためにつくられた架空のヒット曲、今回のドラマのために作ったオリジナルソングです。作詞は宮藤官九郎さん。作曲は前述のとおりSachiko M、江藤直子、高井康生、そしてわたくし大友良英の4人。

なんか、潮騒のメモリーのときもそうでしたが、どうもわたし以外の作曲者の名まえ抜け落ちがちなので、今回は4人でつくってるってのを強調しておきます。

 と、ここまで書いたところで、急遽「暦の上ではディセンバー」の配信決定のメールが飛び込んできました。これ、じぇじぇじぇ!です。いつ出るかわからないと言われてたんで、本当に驚きです。しかもなんと明日29日、着うた、着うたフル、RBT、シングルレコチョク、NHKサウンズ、他より配信スタートするそうです。

なんだかすごいな、この勢い。

てか、あれ? これ、オレ、フライングしてない? 書いても大丈夫なのかな? ま、こんな時間だし、いいも悪いも、あとから考えればいいか。

それにしても、これから真夏になるってときに、師走の歌を出すのって、ポップス史上初めてでは? 

(抜粋)

いきなり情報解禁「暦の上ではディセンバー」制作秘話

■潮騒のメモリーズ


このニュースに対しネットでは、「ユイがいないとはネタバレかっ」「サビの部分、フランス国歌のメロディーだよね」「青が二人いるのはアキが脱退したあとにブラジル人が加入するかららしい」「ディセンバーだから紅白意識してるでしょ」「そばですか?うどんですか?まめぶですか?」「すでに、暦の上ではディセンバーのメロディーが耳について離れないんだけど」「ずんだずんだ配信しろやああああああああ」との反応。

元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372363828/

■関連記事
NHK 『あまちゃん』 東京編スタート 「GMT47はAKB48とは関係ない。CDデビュー予定は今のところない」
能年玲奈、『あまちゃん』東京編完成披露試写会 … ももクロを参考にアイドル志望の少女を熱演

連続テレビ小説あまちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)
連続テレビ小説あまちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)