風立ちぬビジュアルガイド (アニメ関係単行本)スタジオジブリの最新作『風立ちぬ』の特別試写会が行われ、ゲストとして登壇した鈴木敏夫プロデューサーが、登壇。『風立ちぬ』の制作秘話を語りました。

鈴木敏夫プロデューサーは、宮崎駿監督が『風立ちぬ』の映画化について「あの漫画は趣味で描いているんだ。趣味を映画にするなんてあり得ない」と猛反発していたことを明かし、「俺は本当はやりたくなかった」と周囲に漏らしていることを告白。

「本当はやりたかったに決まってるんですよ。あんまり素直な人じゃないんです」と説明。「(宮崎監督)が言い残したいことを全部詰めた映画です」と思い入れを語りました。



■宮崎駿の“遺言”発言を鈴木プロデューサーが釈明

k015

 宮崎監督が総合模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に連載していた漫画を原作にした本作。鈴木プロデューサーが映画化を持ち掛けると、宮崎監督は「あの漫画は趣味で描いているんだ。趣味を映画にするなんてあり得ない。映画は公のものでなければならない」と猛反対したという。この日のMCを務めた住吉美紀アナウンサーから、「漫画も公のものですよね?」と鋭い突っ込みが入ると、鈴木プロデューサーは「売れていない雑誌なんですよ。だからそこで描くことは世間の人は知らないという自信があったんです」とぶっちゃけ、笑いを誘った。

 さらに鈴木プロデューサーは、宮崎監督が本作について「俺は本当はやりたくなかった。鈴木さんがうるさく言うから仕方なくやっているんだ」と周りに言いふらしていたことを暴露。劇中に出てくるキスシーンも「鈴木さんが要求したから描いたんだ」と言い張っていたと言い、「本当はやりたかったに決まってるんですよ。あんまり素直な人じゃないんです」と、長年コンビを組んできた鈴木プロデューサーだからこそ言える宮崎監督の素顔を語った。

 最後に、これから作品を観る観客たちにメッセージを求められた鈴木プロデューサーは、先日テレビ番組やイベントで「この映画は宮崎駿の遺言です」と発言したことに言及。「宮さんは怒っていましたけどね」と笑いながら明かすも、「それぐらい自分(宮崎監督)が言い残したいことを全部詰めた映画です」と改めてその意味を説明した。

(抜粋)

宮崎駿の“遺言”発言を鈴木プロデューサーが釈明

■笑コラ×ジブリ3時間SP
k000
k001
k002
k003
k004
k005
k006
k007
k008
k009
k010
k011
k012
k013
k014

このニュースに対しネットでは、「繊細な男女はどうも苦手だな、やっぱり紅の豚が一番」「ゲド戦記をぶっ壊して原作者にキレられた鈴木がなんだって?」「適当なこと言い過ぎでうざい」「パヤオめんどくせえな」「この間のジブリ特集見るに凄い楽しそうに作ってたからな」「もののけから引退だのやめるだのいい続けてるしなw」「監督、カーネルサンダースみたいになってきたな…」「庵野さんがどういう声あてするかだけでもちと見に行きたいw」との反応。

元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373593648/

■関連記事
スタジオジブリ、新作2作発表!宮崎駿監督 「風立ちぬ」 と高畑勲監督 「かぐや姫の物語」

風立ちぬ
風立ちぬ