志村流―金・ビジネス・人生の成功哲学お笑い芸人の志村けんが、19日放送のTBSラジオ「志村けんの夜の虫」で、ギャグについての持論を語りました。

志村けんは、「ギャグっていうのは起承転結があって、これがあって、これがあって、こうなってこうなるから、これが一個のコントになるっていうのがOKなギャグ」「俺達は一発芸みたいなのはギャグって言わないんだよ」と説明。

さらにナインティナインの岡村隆史について、別の芸人のギャグをパクッてる事が多いと指摘。
「岡村もテレビ局の言ってることをやってないで、自分でナイナイで、5分でも10分でもいいからコントやれよと」「その中から、何かが出てくるんだよな」とアドバイスしました。



■志村けん、ギャグについてナイナイ岡村に助言「テレビ局の言ってることをやってないで、自分でコントをやれ」

s

19日放送のTBSラジオ「志村けんの夜の虫」で、志村けんがギャグについての持論を展開した。

志村がギャグについて語ったのは、番組リスナーから「ギャグは考案してから、誰かの最終決断があって演じられるものなのか?」という質問があったため。「誰の許可もない」と答えたその後、出演者のダチョウ倶楽部・上島竜平が「ギャグっていうか、師匠は流れの中で、ネタみたいな感じでつくりますからね」とコメントしたのを皮切りに、その考えを語った。

「ギャグっていうのは起承転結があって、これがあって、これがあって、こうなってこうなるから、これが一個のコントになるっていうのがOKなギャグ」「俺達は一発芸みたいなのはギャグって言わないんだよ」と自らの「ギャグの定義」を説明。志村の「アイーン」もギャグではなく、ドリフターズでは「流行りもん」と呼んでいたという。

「ギャグ」へのこだわりは強く、取材でカメラマンに「じゃあ一発、ギャグお願いします」と言われた際には怒りがわいてくるといい、それでも「アイーン」をやって見せると「ゆっくりやってください」とさらにリクエストされ、「馬鹿野郎、名前なんつーんだこのやろう?」と口に出してしまったことがあるほどだとか。流れの中で行わなければ、ギャグは意味がないと熱弁した。

また、ギャグへの認識だけにとどまらず、後輩芸人のギャグについても語っている。あるとき、志村はナインティナインの岡村隆史に「志村さんは、『バカ殿』あるし、『変なおじさん』あるし、『ひとみ婆さん』あるし…僕、何もないですね」と、ギャグがあることをうらやましがられたそうだ。

そんな岡村について志村は、「それで必ず人のパクってるだろ?」と別の芸人のギャグをやることが多いと指摘。その上で「基本的に、(『バカ殿』とかも)コントを作ってる中から出たキャラクターだから」「岡村もテレビ局の言ってることをやってないで、自分でナイナイで、5分でも10分でもいいからコントやれよと」「その中から、何かが出てくるんだよな。それを考えるのが嫌だから、みんなやらないんだよな」と、自分でギャグを生み出す努力をするべきとアドバイスした。

(抜粋)

志村けん、ギャグについてナイナイ岡村に助言「テレビ局の言ってることをやってないで、自分でコントをやれ」

■志村けんの夜の虫 2013年07月19日


このニュースに対しネットでは、「アイーンをゆっくりやれって言えるカメラマンすげえな。このギャグの時点でかなりの大物だろうに」「ネタもやらず口先だけでやってる有吉とか大嫌いなのかな」「TV屋の奴隷になることで売れた人に酷なこと言うねw」「岡村はマジで他の芸人のネタ使いすぎ。影では絶対後輩に馬鹿にされてると思うわ」「志村けんの凄さがいまいちわからない。全盛期見てないとわからないなぁ」「岡村は他人のパクリと、作家の台本が無いと何も出来ない」「と言っても売れっ子には難しいだろw」との反応。

元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1374566683/

■関連記事
平野綾、志村けんとの2ショット写真を公開 「本当に素敵な方 尊敬します」
志村けんとみひろ、結婚秒読みか

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray] (2012)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray] (2012)