ビッグダディの流儀テレビ朝日系の大家族もので人気になった“ビッグダディ”こと林下清志さん(48)が、接骨院を辞め、タレントに転身することがわかりました。

ビッグダディは岩手県盛岡市で営んでいた接骨院『盛岡屋』を11月いっぱいで閉店。

今後は、「芸能活動や執筆活動に専念することにした」と明かし、「来年は、人生なめてかかろうと思ってます。面白いことだけやる」と意気込んでいます。



■ダディが“タレント転身”宣言「来年は人生なめてかかる」【ビッグダディ】

b

香川県小豆島から岩手県盛岡市に居を移し、接骨院『盛岡屋』を営業していた“ビッグダディ”こと林下清志さん(48)。地元に根付いて繁盛し、9月には新しい看板も子供たちと手作りして、力を入れていたがーー。本誌に仰天情報が飛び込んできた。

「ダディが『盛岡屋』を11月いっぱいで閉めてしまったんです」
 これまで「接骨院こそがオレの本業」と言い切っていたダディ。華やかな話題が飛び交う年末に、彼の身に何が起きたのか。

 早速、本人を直撃すると、彼自身はあっけらかんとした様子でこう話した。
「11月いっぱいで『盛岡屋』は閉めることにしたんですよ。最近はイベント出演の仕事が増えて、平日でも俺が東京とかに出てることが多かった。今のまま続けたら、お客に迷惑をかけてしまうので」

 接骨院を閉めて、ダディの家計は大丈夫なのか。この先のプランを聞くと、こんな爆弾告白が返って来た。
「これからは、いったん芸能活動や執筆活動に専念することにしたんです。信頼できる人がマネジメントしてくれることになって。もちろんテレビやイベントにも呼ばれれば出ますが、将来的には好きな執筆の仕事を中心にしていきたいんですよ」

 ビッグダディ、突然の“タレント転身”宣言だ。だが、盛岡の家は、そして子供たちはどうなるのか。
「東京に住むわけじゃないですよ。あくまで盛岡に住所を置いて、仕事があるたびに東京に出るつもり」

 今後、子供たち全員がダディのもとから、それぞれの道へと巣立つことになり、身軽になるダディが“タレント転身”を決意したということのようだ。
「来年は、人生なめてかかろうと思ってます。面白いことだけやる。真面目なことは本職で30年やってきたからね」

(抜粋)

ダディが“タレント転身”宣言「来年は人生なめてかかる」【ビッグダディ】

■ビッグダディ「光栄です」熱愛報道を歓迎


このニュースに対しネットでは、「ダディってダメ人間だよね。芸能界向いてるかも?なわけないか」「こういう神経に少し憧れる」「自由だなあ」「美奈子より無理だろ」「美奈子と違って文才と漫画の才能はあるからね。そっちの道の方が絶対いい」「芸能界もナメられたもんだなw美奈子でさえ需要がないのに、こいつが需要あるわけねーだろ」「何の才能もない美奈子があれだけ稼いでたら腹立つだろうな。これは応援するわ」「今まで舐めて無かったかのような発言だな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1385997013/

■関連記事
ビッグダディこと林下清志さんがブログ開設、イラストで思い出紹介
ビッグダディこと林下清志さん、野外フェス 「AOMORI ROCK FESTIVAL」 でプロレスデビュー

ビッグダディ痛快レシピ29: こんな工夫で旨い! 安い! まさかのご馳走!
ビッグダディ痛快レシピ29: こんな工夫で旨い! 安い! まさかのご馳走!