亀田大毅の ゼロから出直しや! ~空白の1年間~ボクシングのトリプル世界戦が3日、大阪・ボディメーカーコロシアムで行われ、IBFスーパーフライ級王者の亀田大毅(24)=亀田=は、計量失敗で世界ボクシング協会(WBA)同級王座を剥奪されたリボリオ・ソリス(31)=ベネズエラ=に1対2の判定で敗れてました。

事前説明では、亀田大毅が敗れた場合は両タイトルとも空位になるはずでしたが、IBFは試合後に突然「亀田大毅のIBF王座は失われない」との判断を表明。

試合終了後、亀田大毅の会見は行われませんでした。



■大毅、判定負けも一転、初防衛成功…IBF立会人のらりくらり

k003

 WBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦は、IBF王者の亀田大毅(24)=亀田=が、計量失敗でWBAに王座を剥奪されたリボリオ・ソリス(31)=ベネズエラ=に1‐2の判定で敗れた。IBF立会人は、大毅が負けた場合は両王座が空位となると公言していたが、試合後に見解を翻した。IBFルールに基づき、大毅は王座にとどまると説明した。

 “浪速の弁慶”は負けてもチャンピオンや!!2団体王座統一戦は連日のドタバタ劇で幕を閉じた。前日計量では、ソリスが体重超過でWBAに王座を剥奪された。そして、試合当日は、IBF王者の大毅がソリスに判定で敗れ、誰もが王座陥落と思ったが、IBFは王座を保持という前代未聞の結論を出した。

 前日のソリスの王座剥奪後、IBF立会人リンゼイ・タッカー氏(米国)は、大毅が負けた場合は両王座とも空位となると説明したが、この日は「ルールに基づいて、IBFの王者は勝っても負けても王者のままです」と、謝罪もなく、完全に矛盾することを言い放った。

 「昨日と言ったことと違うのではないか」との報道陣の追及にも、「発言に関係なく、ルールでそうなっている。昨日の計量後のルールミーティングで両陣営にも説明した」と、のらりくらり。だが、「昨日、あなたはテレビカメラの前で説明してましたよ」との指摘を受けると苦笑し、「昨日の発言は覚えていないが、そう言ったのならミステークだ」と、しぶしぶ認めた。

 防衛回数に数えられるのかとの質問にも、「負けても王座のままです」と繰り返してごまかし、亀田ジム関係者が半ば強引に会見を終了。失意の大毅は会見を行わずに会場を去り、報道陣から「逃げた」との声が出た。

(抜粋)

大毅、判定負けも一転、初防衛成功…IBF立会人のらりくらり

■亀田大毅vsリボリオ・ソリス 判定の瞬間 2013年12月3日


このニュースに対しネットでは、「浪速のロッキー、なつかしす」「八百長もここまで来ると伝説のレベル」「体重超過した選手に負けて王座陥落は絶対におかしい。だから今回のIBMの判断は正しい」「ボクシングは減量を競う競技だから勝ってるじゃん。何もおかしくない」「なんか昨日の試合やらないほうがよかったなw」「返上して決定戦の勝者にチャレンジさせろでカッコつくだろ。対戦相手を選べなくなるけど、タイトルマッチさえ約束させれば問題ないだろうに」「ここまでくると王者じゃなくて名人だな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1386118152/

■関連記事
【ボクシング】 亀田大毅の対戦相手、リボリオ・ソリスが体重超過で失格

イナズマイレブンGO ギャラクシー スーパーノヴァ 早期購入者特典:秘蔵データDVD付き 雷門中卒業アルバム 付
イナズマイレブンGO ギャラクシー スーパーノヴァ 早期購入者特典:秘蔵データDVD付き 雷門中卒業アルバム 付