デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨タレントのデヴィ夫人が2日、「番組を台無しにした整形疑惑の KYタレント K.R」というタイトルでブログを更新し物議を醸しています。

内容は11月30日に放送されたフジテレビ系「さんま・くりぃむの芸能界個人情報グランプリ」の収録で、審査委員長扱いされた女性タレント・“K.R”が「五月みどりかデヴィ夫人か」という番組の流れを無視し、アニマル浜口を選出したことと説明。

この女性タレント・“K.R”は、小島瑠璃子のことと思われ、「K.Rの 思慮の無さのために 全て 台無しとなりました」「先生も含めて 私達の10か月の努力は 水の泡と消えました」と恨みたっぷりに語っています。



■デヴィ夫人、小島瑠璃子に激怒……「番組を台無しにした整形疑惑のKYタレント」

d

 問題が起こったのは、芸能人が次々に特技を披露する「ちょっと意外な特技部門」というコーナー。タレント・五月みどりと夫人はどちらもポールダンスを披露。2人ともグランプリを有力視されており、とくに夫人のダンスは万雷の拍手が送られたのだが、なんと優勝したのは元プロレスラー・アニマル浜口の腹芸だった。

 アニマルをグランプリに選出したのが小島。ハキハキした物言いをさんまに「審査委員長」といじられていた小島は、優勝者を決める際も「審査委員長にグランプリを決めてもらおう」と振られ、アニマルを選んでしまったのだ。スタジオは笑いに包まれたが、夫人は「練習したのにこういう結果だとやる気をなくします」とこぼしていた。

 夫人は2日に「番組を台無しにした整形疑惑の KYタレント K.R」というタイトルでブログを更新し、「特技の審査をする時に ”事件”が起きたのです」と小島を告発。審査委員長扱いされた女性タレント・“K.R”が「五月みどりかデヴィ夫人か」という番組の流れを無視し、アニマル浜口を選出したと説明している。

 「K.Rの 思慮の無さのために 全て 台無しとなりました」「先生も含めて 私達の10か月の努力は 水の泡と消えました」と恨み節。ダンスのコーチもスタッフも気の毒だと語りつつ、「“デヴィよ これはバラエティなんだよ。 何事も 生真面目にやることないんだよ。” と 教えてくれた K.Rに感謝しなくちゃ いけませんね」と、皮肉たっぷりにつづっている。

 実は、同内容のブログエントリは11月中旬にも一度掲載され、ネット上で話題になっていた。当時は“K.R”が誰かは不明だったが、番組放送後の今、小島で確定とされている。一度は削除したにも関わらず再び掲載するあたり、夫人の怒りは深いようだ。

 なお、さんまは11月30日、MBSラジオ「MBSヤングタウン土曜日」で「小島瑠璃子ちゃんデヴィ夫人に怒られたの」と騒動について言及。「ほんまはデヴィさんが完全にトップなんですよ。でもそろそろ三連覇してるし、優勝メンバーも変えたほうがいいと気を利かせたんやろね」と小島の胸中を推し量り、「あくまでもバラエティやからね」と擁護している。

(抜粋)

デヴィ夫人、小島瑠璃子に激怒……「番組を台無しにした整形疑惑のKYタレント」

■November 30, 2013 ヤングタウン土曜日


このニュースに対しネットでは、「デヴィに睨まれたw」「笑い的には小島ので正解でしょ・・・」「人間が小さいねぇ」「浜さんの腹踊りおもしろかったもの。群を抜いてただろ」「なんか昨日の試合やらないほうがよかったなw」「五月みどりのメンツも少しは考えろよ。今回は浜口で正解」「バラエティなんだから、スタジオが笑いで包まれたならそれでいいじゃないか」「あれギャグコーナーなのにデヴィだけガチでやってるからくうきよめてないのはデヴィだと思うよw」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1386133322/

■関連記事
ソンミのセレブ伝説にデヴィ夫人が激怒 「偽セレブ。全部ウソ!あなた、ほんとはアヒルの子」
デヴィ夫人 「領土問題が大変な時に、前田敦子のAKB48卒業に大騒ぎしてる日本人はおかしい」

劇場版「空の境界」未来福音(完全生産限定版)
劇場版「空の境界」未来福音(完全生産限定版)