心がおぼつかない夜に女優の酒井若菜が自身のTwitterで来年3月の初舞台を告知。
それにともない2005年の休業中、休業明けのことを振り返りました。

酒井若菜は、初舞台になる予定だった大人計画の「キレイ-神様と待ち合わせした女-2005」を降板。
当時、ゴールデンの連ドラ初主演抜擢も蹴っていたことを明かし、「結局舞台も連ドラもできず休業、その後復帰も仕事のない日々 あの時、素直に連ドラを選んでいたら、と何度も思いました 今だから言えること」と告白。

「罰は受けたつもりです 最初の数年は地獄のような日々でしたので無事芸能界に復帰したのが奇跡です」と心情を綴りました。
また、「8年半前より、関節炎で体が動かない日や貧血を起こす頻度も増えてます」とし、体調面に不安があることも明かしています。



■酒井若菜、休業期間を振り返る…「罰は受けたつもり」

s000

 タレント・女優の酒井若菜が休業中のこと、そして「地獄のような日々」だったという休業明け期間をツイッターで振り返っている。酒井はブレイク中の2005年に女優業を約1年間休業しており、それに伴い、初舞台になる予定だった大人計画の「キレイ-神様と待ち合わせした女-2005」を降板していた。

 酒井は来年3月、鈴木おさむ作・演出の「鈴木おさむ劇場 第二回公演『イケナイコトカイ?』」で初舞台に挑戦する。11日夜にツイッターで舞台出演に言及した酒井は「かつて舞台降板して、そこから人生変わってしまいました」と告白。「もしあの時…なんて考えてたらキリがないけど『キレイ』は、ゴールデンの連ドラ初主演抜擢を蹴っての挑戦でした 結局舞台も連ドラもできず休業、その後復帰も仕事のない日々 あの時、素直に連ドラを選んでいたら、と何度も思いました 今だから言えること」と当時の内情を明かした。

 休業が明けてからは、女優業と並行して小説やエッセイ集を出版するなど、文筆業にも力を入れている。だが、休業明けの日々について、酒井は「罰は受けたつもりです 最初の数年は地獄のような日々でしたので無事芸能界に復帰したのが奇跡です」とつづった。

 その一方で、「もしあの時休業しなかったら、私は小説も書かなかったし、エッセイも出さなかった 主演の女の子を支えようとか、ブログ読者を支えようとか、きっと思わなかった 挫折した人を『自己責任でしょ』と突き放してた 休業してよかったとはいまだに思わないけれど、よかったことも確実にあったんだ」と自らの変化にも触れている。

(抜粋)

酒井若菜、休業期間を振り返る…「罰は受けたつもり」

■酒井若菜のTwitter


このニュースに対しネットでは、「何があったんや バーニング!!」「え、なんかあかんことしたの?」「なんで休業したの?」「顔が以前と全然違うな」「おいくつになったの?」「舞台降板なんて覚えてねーわ。なんか見なくなったなーとは思ってたけど」「ここまで書いたら休業理由も降板したわけも書けよw」「連ドラ主演つってもゴールデンじゃなくテレ朝金曜のナイトドラマだべ。仮にあれやってても一桁だったと思われる」「松尾スズキとの不倫が破綻して降板だっけ?それでも女優続けられるんだから贅沢言うな」「東国原とか酒井若菜とか、最近地獄がそんなにぬるくなってきたのか?」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1386118152/

■関連記事
酒井若菜 「それなりに恋愛してきたし、二股されたことはあります」

真木よう子写真集 MUSCOVITE(モスコヴァイト)
真木よう子写真集 MUSCOVITE(モスコヴァイト)