永遠の0映画監督の井筒和幸が、ラジオ番組で映画『永遠の0』を痛烈批判した件で、原作者の百田尚樹が反論しました。

井筒和幸は16日放送のラジオ「井筒とマツコ 禁断のラジオ」で、『永遠の0』を「観たことを記憶ゼロにしたい」と痛烈批判。
現実味がないのにただ特攻を美談にしていると批判しました。

これに対し、21日、百田尚樹がTwitterでコメント。
「なら、そのまま記憶をゼロにして、何も喋るなよ(^ー^)」と反論しました。



■小説家・百田尚樹氏、井筒監督の「永遠の0」批判にTwitterで反撃 「そのまま記憶をゼロにして、何も喋るなよ」



映画「永遠の0」の原作者で小説家の百田尚樹氏が、映画監督・井筒和幸氏の批判に反撃した。

21日、百田氏はTwitterで「井筒監督、映画『永遠の0』を強烈批判。観た記憶をゼロにしたい」と題したニュースサイトの記事を引用。その投稿に「なら、そのまま記憶をゼロにして、何も喋るなよ(^ー^)」と、絵文字を交えながらも挑発的なコメントを添え反論した。

百田氏が引用した記事には、井筒監督が16日放送のラジオ「井筒とマツコ 禁断のラジオ」(文化放送)で語った、映画「永遠の0」の感想が掲載されていた。同作は、V6の岡田准一を主人公に、太平洋戦争の零戦搭乗員を描いた戦争映画だ。

記事では「井筒監督は『観たことを記憶ゼロにしたい』と、特攻を美談にする本作へ疑問を呈する。ストーリーや登場人物が実在したという証言もなく、現実味がないのにただ特攻を美談化するような描写に納得できないのだという」などと、映画「永遠の0」に対する井筒監督の批判を取り上げていた。

(抜粋)

小説家・百田尚樹氏、井筒監督の「永遠の0」批判にTwitterで反撃 「そのまま記憶をゼロにして、何も喋るなよ」

■井筒監督、映画『永遠の0』を強烈批判。「観た記憶をゼロにしたい」。

『永遠の0』は、太平洋戦争での零戦搭乗員の悲劇を描いた戦争映画である。V6・岡田准一演じる特攻隊員が、「家族のもとに帰りたい」という思いを強く持ちながらも零戦に乗り込み、部下を守るために自らの命を犠牲にするというストーリー。井筒監督は「観たことを記憶ゼロにしたい」と、特攻を美談にする本作へ疑問を呈する。ストーリーや登場人物が実在したという証言もなく、現実味がないのにただ特攻を美談化するような描写に納得できないのだという。

本作のCMでは、上映を観た観客がスタンディングオベーションするシーンがある。しかしこれは初日舞台挨拶の時、観客が司会者に促され受動的に立ち上がった時のものだという話がある。これについても井筒監督は「エビの偽装問題と変わらんぞ!」と興奮した様子で強く非難した。

(抜粋)

井筒監督、映画『永遠の0』を強烈批判。「観た記憶をゼロにしたい」。

■井筒とマツコ 禁断のラジオ 2014年01月16日


このニュースに対しネットでは、「良い返しですw」「井筒の代表作ってなんなの?」「井筒の映画見たこと無いけど、でかい口利いてるってことは、そうとうな名作ばかりなんだろうな」「内容は右翼的でもないし、愛国心万歳な内容でもない。零戦が出てきて感動するってだけで、あの世代の人たちには虫ずが走るんだろうね」「特攻命令した上層部は批判してるしどこどうを見たら美談に見えるんだろうか」「井筒の批判が的確すぎて何も反論できないようだ」「つか永遠のゼロは美談なんかにしてないし。これ見て美談とか思うのは日本人じゃないよ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1390277145/

■関連記事
『永遠の0』 の作家・百田尚樹氏 「中韓の靖国批判は、朝日新聞のせいで始まった」

幸福な生活
幸福な生活