松本人志 仕事の流儀ダウンタウンの松本人志が、フジテレビ系『ワイドナショー』で、いま話題の日本テレビ系ドラマ『明日、ママがいない』について言及しました。

松本人志は、日テレに寄せられるクレームに対し、「この人たちが本当にどのくらいマジで、どのくらいの熱を持ってて、『本当にやめてほしい』と思っているか、数値化できたら一番良いんですけどね」コメント。

もしもクレームによりドラマが中止になった場合、「『クレームしたら番組終わらせられるんだ』っていうのができちゃうと、どんどんつくり手はやりにくくなってくる」と危惧しました。



■松本人志、『明日ママ』批判に苦言「クレームで番組終わらせられる。テレビつまらなく」

m000

 そんな中、1月28日0:50~放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したお笑いタレント・松本人志(ダウンタウン)は、同ドラマ批判に対し苦言を呈した。

 まず、司会のお笑いタレント・東野幸治は、強い批判を受けている同ドラマの制作サイドが今後の演出や表現を「うまいことごまかしていく」(東野)可能性を危惧。松本も「だんだん軌道修正していくのはイヤだね」と同調し、「(視聴者が)クレームをしてくるじゃないですか。この人たちが本当にどのくらいマジで、どのくらいの熱を持ってて、『本当にやめてほしい』と思っているか、数値化できたら一番良いんですけどね。なんとなくイタズラ半分、面白半分でクレームつけてくるものまで(テレビ局側が)対応しちゃうと、(番組が)どんどん面白くなくなっていきますよね」と危機感を示した。 

 そして、最初に放送中止を日本テレビへ要求した慈恵病院については、「この人たちが『マジでやめてほしい』と思っている人たちなんですよね」と前置きしつつ、「そうじゃない、乗っかって面白半分の人、いるじゃないですか。そこは僕、すごく悪だなと思うんですよね」と軽い気持ちで同ドラマを批判している人たちに違和感を示した。

 さらに、「もし『はい、やめます』ってなっちゃったら、『クレームしたら番組終わらせられるんだ』っていうのができちゃうと、どんどんつくり手はやりにくくなってくる」と危惧を口にした。

 また、映画監督・木村大作も、「規制をかけるんだけど、それは大きな規制につながるからイヤ。(制作サイドは)自由にやったらいいと思う。(視聴者側は)それが駄目だったら観なきゃいい」と、表現に対する過度の規制にエスカレートする危険性を指摘した。

 番組内ではこのほかにも、最近、制作サイドの自主規制によりテレビドラマや映画で煙草を吸うシーンがなくなってきているという話題になると、木村は「なんにもやれなくなる。松本さんもなんにも撮れなくなるよ」と語り、映画監督でもある松本は「映画まで(クレームを)言われたら厳しい」と困惑した様子を見せた。


 松本と同じお笑いタレントとしては、先日、岡村隆史(ナインティナイン)がMCを務めるラジオ番組内で「もし、これで本当に放送中止になってしまったら、もうテレビの未来はないです」などと語り、同ドラマ批判への反論を展開。普段からバッシングの対象になりやすいバラエティ番組で活躍する人気タレントたちも、一連の騒動を受け、「クレームと規制の問題」に敏感になっている様子がうかがえる。

(抜粋)

松本人志、『明日ママ』批判に苦言「クレームで番組終わらせられる。テレビつまらなく」

■ワイドナショー『明日、ママがいない』について
m001
m002
m003
m004
m005

このニュースに対しネットでは、「元々つまんないのに何言ってんだこいつ」「今まで自由にしてきた結果がこれだろ。何をいまさら」「既につまらないものがさらにつまらなくなる」「批判してくれるだけありがたいだろ。興味無いと批判すらしない」「テレビってもう信頼性自体がなくなってるんじゃね?」「表現の自由持ち出して嫌なら見なきゃ良いって、それならチラシの裏でやれや」「今回のドラマ騒動はさすがに過剰反応だけど、そうなるのも理解できる作り方してるのも事実なんだよな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1390868831/

■関連記事
ドラマ 『明日、ママがいない』 に出演中の城田優 「全部見てから判断してほしい」
ドラマ 「明日、ママがいない」 新たに2社がCM中止 … 提供8社中5社のCMが放映されないという事態に

R100
R100