中山美穂 パーフェクト・ベスト 2中山美穂(44)との離婚騒動が報じられている芥川賞作家の辻仁成(54)夫妻の離婚の理由が、辻仁成の「美への執着」ではないかと一部報じられています。

ロックバンド「ECHOES」で活動していたころは、短髪に無精ひげでワイルドなイメージだった辻仁成。

しかし、ハードロックバンド「ZAMZA」の結成を機に、外見に対する強いこだわりを持つようになり、化粧をしたり肩までかかるサラサラヘアに。
結婚当時とは大きくかけ離れていく姿に、中山美穂も困惑していたとみられています。



■エステ通いも…中山美穂が困惑した辻仁成の「美への執着」

t000

 芥川賞作家の辻仁成(54)との離婚が伝えられている中山美穂(44)。交際わずか8カ月のスピード婚に、親類縁者のいない仏パリへの移住。当初から夫婦生活を不安視する声があったが、27日のスポーツニッポンによると、辻の“変貌ぶり”に中山は相当困惑していた、と知人が話しているという。

 1980年代、ロックバンド「ECHOES」で活動していたころの辻は、いわゆるチリチリパーマの短髪に無精ひげ。ワイルドなルックスで鳴らしていた。それが、2008年にハードロックバンド「ZAMZA」の結成を機に変貌。「時代は絶対、中性ですよ。めちゃかっこいい中性的なおじいさんを目指します」と言い出し、化粧をしたり、肩までかかるサラサラのロングヘアがトレードマークになった。

■新婚時代とは全く異なるイメージに

 実際、辻の「美へのこだわり」は相当なものだった。

 女性誌の連載では「帰国するたびに行くエステがある」「15キロ痩せた」などと、外見に対する強いこだわりを語り、11年には女装子をテーマにした小説「僕から遠く離れて」(幻冬舎)を出版した。

 新婚時代のイメージからどんどんかけ離れていく夫の姿に、中山が不安を覚えていたとしても不思議ではない。また、辻は金髪パリジェンヌと愛について語り合い、「抱いて」とせがまれたことをツイッターでつぶやき、話題になったこともあった。

(抜粋)

エステ通いも…中山美穂が困惑した辻仁成の「美への執着」

■辻仁成「コトノハナ」


このニュースに対しネットでは、「50過ぎた旦那が、自分の「美」を追求しだしたら、そりゃ別れて正解」「中山美穂と初対面でいきなり「やっと会えたね」と言ったらしいなww気持ち悪くて鼻から脳味噌出そうだぜ」「南果歩「いわんこっちゃないwww」」「年を取ってからの「カッコイイ」って外見より中身のことだろ」「息子はちゃんと日本語が話せるのかな」「よくわかりませんが 確かに辻さん変わっているように記事みる限りは思いますが、離婚って一方だけが原因ではない気がする」との反応。

元スレ:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140327-00000017-nkgendai-ent

■関連記事
中山美穂、辻仁成と離婚へ
中山美穂がパリからTwitterでつぶやきまくり。原発、放射能問題も

コトノハナ~Super Best of Jinsei Tsuji~
コトノハナ~Super Best of Jinsei Tsuji~