nature (ネイチャー) ダイジェスト 2014年 03月号 [雑誌]STAP細胞の論文捏造疑惑の渦中にある理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が体調不良を訴えていることがわかりました。

小保方晴子氏の代理人によると本人から「入院してもいいですか?」との内容のメールを受け取ったとのことで、現在検討されている記者会見への出席もキャンセルとなる可能性が浮上しています。

代理人は小保方晴子氏の様子を、実際に入院はしていませんが、「精神状態がさらに悪くなっている。代理人として非常に不安」と説明しています。



■小保方氏「入院してもいいですか?」会見キャンセルも

o000

 STAP細胞の論文捏造(ねつぞう)疑惑に揺れる理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人は4日、小保方氏から「入院してもいいですか?」との内容のメールを受け取ったことを明かした。一連の問題の影響から体調が悪化しているといい、現在検討されている記者会見への出席もキャンセルとなる可能性が浮上した。

 大阪市内で取材に応じた代理人のひとり三木秀夫弁護士によると、メールは3日夜、今後のスケジュールについてやり取りをしている最中に届いたという。実際に入院はしていないが、「精神状態がさらに悪くなっている。代理人として非常に不安」と説明した。

 小保方氏は現在、理研の調査委員会から画像の捏造・改ざんにあたると指摘された報告書への不服申し立てについて、代理人と準備を進めている最中。当初は自ら会見に出席し、説明する意向だったが、今では会見に対して消極的になっているという。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じるなど、海外を含め、一連の問題への関心が高まっていることも理由のひとつ。1日に都内で行われた調査委の最終報告会見には約300人の報道関係者が集まった。小保方氏は3日に電話で「あんな雰囲気のところに、私は到底出て行けない!」と訴えたといい、三木弁護士は「悲鳴のような、泣きそうな感じでした」と振り返った。

(抜粋)

小保方氏「入院してもいいですか?」会見キャンセルも

■小保方晴子STAP細胞最終報告 4/1理研会見


このニュースに対しネットでは、「どうしてこんな未熟で幼稚な研究者が博士課程修了後たった2年でユニットリーダーになって年俸一千万円なんてもらえるんだ?」「都合が悪くなると入院して逃げる国会議員と一緒だな」「何だか物凄く面倒な女だな。釈明会見する気はゼロだと思われても仕方ないと思う」「小保方さんウンヌンより、どういう構造であんな杜撰な論文が認められ、発表されたのか知りたい」「心身ともに疲れ切っているのだろうが、ここまで来た以上はいったん会見をして、リセットする方が本人もすっきりするのではないだろうか」との反応。

元スレ:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140405-00000021-sph-soci

■関連記事
【STAP細胞騒動】 小保方晴子氏の高校時代の同級生が小保方氏の 「メルヘン妄想&虚言癖」 明かす
マツコ・デラックス、STAP細胞報道に苦言「ネットの書き込みと変わらないことをメディアがし始めた」

フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還
フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)