浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]さいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケート世界選手権は、29日、ショートプログラム(SP)で世界歴代最高の78・66点をマークした浅田真央が、自己ベストで4年ぶり3度目の優勝を決めるかたちで幕を閉じました。

韓国メディアはこれを、30日付の中央日報は電子版で、浅田の合計得点に焦点を当て「世界選手権優勝の浅田真央、キム・ヨナは超えられず」と題して報道。

「ミスを連発しながらトップに立った浅田」と表現し、「他の選手たちもミスで点が伸びなかったため可能なことだった」と報じています。



■真央の「世界女王」に難癖つけた韓国メディア、勝者へのリスペクトなし

a000

 フィギュアの五輪イヤー・シーズンが、3月30日で終了した世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)で幕を閉じた。今季を「集大成」と位置づけていた浅田真央は、ショートプログラム(SP)で2010年にキム・ヨナ(韓国)が出した世界歴代最高(78.50点)を0.16点更新するなどして4大会ぶり3度目の優勝で有終の美を飾った。この快挙が面白くないのが、韓国メディア。ソチ五輪を最後に現役を引退した「国民の妹」と称され、絶大な人気を誇るキム・ヨナの世界1位の記録が破られ、浅田の優勝に“けち”をつけ、あくまでもキム・ヨナの“スーパースター”ぶりに自負心をのぞかせている。

 27日のSPで世界最高得点(78.66点)を出して臨んだ29日のフリー。浅田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で惜しくも回転不足と判断されたが、これで一気に波に乗り、力強いステップで観客を魅了。138.80点を獲得し、自己ベストとなる合計216.69点で優勝を手にした。

 早速、30日付の韓国紙・中央日報は電子版で、浅田の合計得点に焦点を当て「世界選手権優勝の浅田真央、キム・ヨナは超えられず」と題して報じ、「バンクーバー五輪でキム・ヨナが立てた世界記録228.56点を超えることはできなかった」と安堵感をにじませた。そして「ミスを連発しながらトップに立った浅田」と表現し「他の選手たちもミスで点が伸びなかったため可能なことだった」と勝者に対するリスペクト(尊敬)をまるで感じさせない内容になっていた。

 その空気は、浅田がSPで世界最高得点を出した27日の翌日の報道で垣間見せていた。

 28日付の中央日報は「キム・ヨナのいないフィギュア選手権」と記事の書き出しで断ったうえで、「高得点の裏には、自国・日本で開かれた大会という利点も無視できない。浅田はこれまで自国で開かれた国際大会で比較的甘い点数をもらっていた。昨年11月、東京で開かれたグランプリシリーズ第4戦(NHK杯)では、トリプルアクセルをすべて失敗したにもかかわらず207.59点の個人合計最高記録をマークして優勝した。ISU(国際スケート連盟)を後援するスポンサー13社のうち11社が日本企業だ」と批判した。

 今後の進退不明を受ける格好で、朝鮮日報は同29日付で、浅田が現役を続行した場合、ISUが「高難度の技を奨励する傾向は顕著になっている」と説明し、それを根拠に3回転半ジャンプをこなせる浅田が「ヨナ引退で真央の天下?」と題した記事を掲載。どうしてもキム・ヨナと比較しなければ納まらない雰囲気がありありだ。

(抜粋)

真央の「世界女王」に難癖つけた韓国メディア、勝者へのリスペクトなし

■浅田真央:フィギュアスケート世界選手権・女子FS 2014年


このニュースに対しネットでは、「一切相手にするな」「韓国メディアは腐ってるな・・・」「残念な国だ」「今に始まったことではない。また今後も続くであろう。こんな国とは一切関わらないほうが良い。いや関わってはいけない」「ホームで公平なジャッジが出来ないって…。平昌の予告か?」「もう韓国が何を言おうと「五輪女王はソトニコワ」「世界女王は浅田真央」」「中国人からも「トリプルアクセルを飛んでみろ!」と罵倒されてるように、ヨナのような単純ジャンプで銀河点を狙う時代は終わる」との反応。

元スレ:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140405-00000518-san-spo

■関連記事
韓国アイドル 『Crayon Pop(クレヨンポップ)』 の新曲、日本語的表現を理由に 「放送不適合」 判定
【サッカー】 Kリーグ無視のナイキに韓国が不満 … 「韓国は素養もなければ、市場もない」

All History 浅田真央 ~花は咲き星は輝く・浅田舞・真央姉妹11年間密着~ [DVD]
All History 浅田真央 ~花は咲き星は輝く・浅田舞・真央姉妹11年間密着~ [DVD]