「MOZU」オフィシャルガイドブック西島秀俊主演のドラマ『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』の喫煙シーンが物議を醸しています。

『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』はとにかく喫煙シーンの多いドラマで、初回の2時間枠の放送ではトータル20分近くも喫煙の場面があり、ドラマ関係者の間でも話題とのこと。

日本禁煙学会では、「『風立ちぬ』と違って、このドラマは子供向けの設定ではありませんので」と静観の構え。
しかし、一部の会員からは作品に批判の声も出ているとのことです。



■『MOZU』喫煙シーンに賛否 演出か子供への悪影響か論争

m000

 西島秀俊主演のドラマ『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』(TBS系)。ハードボイルドな公安警察のエースを西島が好演しているが、このドラマ、喫煙シーンがとにかく多いと話題になっている。

「最近のドラマにしては本当に珍しい。食事中や車での移動中だけではなく、歩き煙草をするシーンもある。西島や香川照之の2人が顔を合わすシーンでは、2人して吸っているからすごく目立つんです。初回の2時間枠の放送では、トータル20分近くも喫煙の場面があった。ドラマ関係者の間でも話題ですよ」(テレビ局関係者)

 ネット上では「ハードボイルドな雰囲気でかっこいい」と好意的な声も多いが、「あれだけ煙草のシーンが多いと、高校生とかがかっこいいと思ってまねしてしまう」「意図がわからない」「歩き煙草はよくないのでは?」といった批判的な声も出ている。

 ドラマや映画で喫煙シーンが取りざたされたのは、宮崎駿監督のアニメ映画『風立ちぬ』が記憶に新しいところ。

 NPO法人・日本禁煙学会が、「こども達に与える影響は無視できません」と制作サイドに要望書を提出。このときは、嫌煙派と表現の自由などを訴える人たちとの間で、賛否両論の論争に発展した経緯がある。

 日本禁煙学会では、『MOZU』の喫煙シーンについて、「『風立ちぬ』と違って、このドラマは子供向けの設定ではありませんので」と静観の構え。しかし、一部の会員からは作品に批判の声も出ているという。

(抜粋)

『MOZU』喫煙シーンに賛否 演出か子供への悪影響か論争

■【MOZU】記憶を戻した新谷・・・爆発事件の真実とは!第6話(5/15)ダイジェスト&次回(5/22)予告


このニュースに対しネットでは、「テレビってそういうもんだから、表現したいなら映画でやればいい」「バカじゃないの」「親が子供に見せなきゃいいだけ」「過剰反応は見苦しい」「子供に百舌見せなきゃいいよ。タバコより血まみれシーン多いのは悪影響じゃないのかな」「嫌煙厨ってバカなの?こんなのにも噛みつくのかよ。子供向けアニメのワンピとかのほうがはるかに悪いだろ」「それより西島が無駄に脱ぎたがるのをどうにかしろ」「舞台が福島で出演者のほとんどが鼻血を出すドラマ作ったら」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1400289654/

■関連記事
TBS 「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」 初回視聴率13・3% “木9ドラマ” 対決、テレ朝を上回る
真木よう子と石田ゆり子が西島秀俊の体を絶賛 「すごくドキドキしました」 「素敵すぎる」

百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ)
百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ)