地味ですが何か?15日に放送されたラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、おぎやはぎの小木博明が、大ヒット中の映画「アナと雪の女王」のストーリーを酷評しました。

小木博明は、娘が「アナと雪の女王」を観て泣いたと聞き興味を持ち、飛行機に乗った際に観たことを明かし、「内容は酷いのよ」とバッサリ。

「映画を観た中で一番つまらないかもしれない。今まで観た中で」「どこにでもあるようなお話。なんだよ、この誰でも書けそうな話で。何も捻ってないのよ」と、ストーリーを酷評。しかし、「歌は良いよ」と、主題歌を絶賛しました。



■おぎやはぎ小木、『アナと雪の女王』に「映画を観た中で一番つまらないかもしれない」

o000

小木の娘は、映画館に2回「アナと雪の女王」を観に行き、主題歌である「Let It go」を歌いたいがためにカラオケに行くなど、同作品の大ファンのようだ。5歳の娘が映画館で泣いたと聞いた小木は同作品に興味を持ち、飛行機に乗った際に観てみたという。

同作品を観た感想として、小木は「内容は酷いのよ」とキッパリ。相方の矢作兼が「泣いた?」と聞くと、小木は「泣いた」と答え、子供の気持ちになってみると一ヶ所だけ泣けるシーンがあると語ったたものの、「内容は酷い」と何度も語り、ストーリーに違和感を抱いたことを明かした。

小木は「映画を観た中で一番つまらないかもしれない。今まで観た中で」「どこにでもあるようなお話。なんだよ、この誰でも書けそうな話で。何も捻ってないのよ」「あれがだって記録かなんかになったでしょ?映画の」「凄いなぁと思って。あんなので」と酷評した。

しかしその一方で「歌は良いよ」と、主題歌を絶賛。娘とのカラオケで主題歌のことを知っていた小木は「歌を聞きたくて観たの」「曲から入ってるから、あの曲がかかるだけで、鳥肌が立っちゃうの」と語り、満足した様子をみせた。

(抜粋)

おぎやはぎ小木、『アナと雪の女王』に「映画を観た中で一番つまらないかもしれない」

■[2014.05.15] おぎやはぎのメガネびいき


このニュースに対しネットでは、「歌を聞きたくて観たの納得してしまったw」「けっきょくハマってんじゃん」「おぎやはぎの媚びない物言いは嫌いじゃない」「お前らの漫才よりは面白い」「ジェームズ・キャメロンの映画も脚本は単純なのが多いぞ。それより捻ったつもりの自己満邦画の方が問題が多い」「面白いんじゃなくて、歌だよ歌」「普通に良かったよ。どーせ批判目的で見たんだろ」「トイストーリー3は評価されて当然というレベルで素晴らしかったが、アナ雪は確かに過大評価」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1400559472/

■関連記事
爆笑問題の太田光 『アナと雪の女王』 の主題歌を歌う女性に 「本当に気持ち悪い」
伊集院光、映画 『アナと雪の女王』 を毒舌批判 「こんな毒にも薬にもならない映画は久々に見た」

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)