高須クリニック 学習帳 れんしゅうちょう高須クリニックの高須克弥院長(69)が、著書『筋と義理を通せば人生はうまくいく』で、いじめられっ子だったことや、借金100億円を抱えたこと、脱税で告発されたことなどなど、波瀾万丈な人生を告白しました。

高須院長は、美容整形の先駆者となったことで、さまざまないじめに遭ったことを告白。

当時は医療行為として認めてもらえず、「美容外科をやるなんて人間のクズ」とまで言われましたが、「そのころ、大晦日の紅白歌合戦を見ていたら、ぼくの“作品”がいっぱい出ていましたよ」と、自分の切り開いた道に自信を示しました。



■高須院長 「紅白を見てたらぼくの作品がいっぱい出ていた」

t000

 生まれたときから、家庭の方針で医師になる以外の道はなかったので、高校は名古屋の名門私立・東海高校に進みました。ここでは柔道部の強豪たちと仲よくして、虎の威を借りながら、いじめからはうまく逃れていましたね。

 大学はすんなり医学部に入ったけど、麻雀ばかりやっている落ちこぼれ。そこでぼくは、専門として整形外科を選んだ。当然、そこにはすぐれた先生がたがすでにたくさんいた。ぼくが整形外科医である限り、つねに誰かの後を歩き続けるしかない。それは嫌だと考えて、美容外科に転身したんです。ところが、当時は未開拓な分野ですから、美容整形の先駆者となったことで、さまざまないじめに遭いました。医療行為として認めてもらえず「美容外科をやるなんて人間のクズ」とまで言われたこともありました。

 美容外科に進んだもうひとつの理由があります。それは、整形外科医として手術していたときから、交通事故などで大きなダメージを負った患者さんたちを、傷あとをほとんど残さず再生することがぼくにはできたからです。

 そのころ、大晦日の紅白歌合戦を見ていたら、ぼくの“作品”がいっぱい出ていましたよ。今はある有名人のパーティーなんかに行くと、やってくるゲストのほとんどがぼくの作品だったりしますよ(笑い)。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

高須院長 「紅白を見てたらぼくの作品がいっぱい出ていた」

■ノンストップ 高須克弥院長特集


このニュースに対しネットでは、「具体的に個人名出せよ」「うん、いいんじゃね?金あるところから、どんどん貰えばいいさ。それでコンプレックスから楽になれるならいいじゃん」「このくらいだと守秘義務みたいなのに触れないのか。それにしても当人達はビクビクだろうな」「他はともかく脱税は義理も筋も通ってないだろ」「全然信用できへんやんwめっちゃ口軽いやんwww」「つか、全く手を入れてない芸能人なんているのかねってレベルだろ。みんな大なり小なりやってるよ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1405144484/

■関連記事
【AKB48】高須クリニック高須幹弥 総選挙を分析「指原、須田、松村もクラスで2~3番目くらいに可愛い」
ナインティナイン岡村隆史「高須クリニックが小保方さんへの資金援助を」高須院長「関わりたくない」

筋と義理を通せば人生はうまくいく
筋と義理を通せば人生はうまくいく