篠田麻里子 MARIKO magazineファッションブランド「ricori(リコリ)」の閉店を受け、同ブランドのプロデューサー兼デザイナーを務めていた元AKB48の篠田麻里子のコメントに物議が醸されています。

篠田麻里子は16日、「ricori(リコリ)」の閉店のニュースについて、自身のTwitterで「ricoriが閉店する事になり大変驚いています。私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です。今までricoriを応援してくれたみなさんありがとうございました」とコメント。

しかし、篠田麻里子は今年3月に行われたファッションイベント「東京ランウェイ2014 Spring/Summer」のricoriのステージに出演しており、「このような大きなステージでどんどん披露していきたい」とコメントしており、関係者からは「ricoriの洋服作りの全工程に関わっていた」との話も出ています。



■「ricori」閉店に篠田麻里子「去年までお手伝いしていた」 春には積極的にPRしていたのに、なぜか冷たいコメント

s000

 元AKB48の篠田麻里子さん(28)がプロデューサー兼デザイナーを務めていたファッションブランド「ricori(リコリ)」が全店閉店となった件について、篠田さんがツイッターでコメントした。

 「篠田麻里子プロデュース」を前面に掲げてデビューしたこのブランドだが、驚くことに、篠田さんはとっくに手を引いていたというのだ。

■「篠田さんは洋服作りの全工程に関わっていた」

 篠田さんは全店閉店が発表された2014年7月16日、以下のツイートを投稿した。

  「ricoriが閉店する事になり大変驚いています。私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です。今までricoriを応援してくれたみなさんありがとうございました」

 篠田さんが手を引いていたのはファンの間でも知られていなかったようで、「麻里ちゃん手を引いてたの知らんかった…」「去年までお手伝いしてたんだね」といったリプライが寄せられた。

 他人事のように聞こえる篠田さんのツイートだが、J-CASTニュースは13年10月、ricoriの心斎橋店(大阪府)がオープンから半年で閉店したことを報じた際、運営元のリゴレから「篠田さんはAKB時代の多忙な日々もスケジュールの合間を縫いながらricoriの洋服作りの全工程に関わっていた」という話を聞いていた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「ricori」閉店に篠田麻里子「去年までお手伝いしていた」 春には積極的にPRしていたのに、なぜか冷たいコメント

■篠田麻里子のTwitter


このニュースに対しネットでは、「まあ、保身に走りましたな」「逃げてるようで嫌いです。何人いるのかわからないけどショップへ足を運んだ篠田ファンや実際のお客さんに失礼な感じがします」「ご愛顧されていなかったんでしょ?所詮素人の商売だったんだから、これに懲りて地道に働きなよ」「ひでぇ、本性見えちゃったね~。かっこ悪い」「あなたのブランドだと信じて買ったファンをも馬鹿にする発言」「「私は関係ありません」って政治家と一緒じゃねえか」との反応。

元スレ:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140716-00000005-jct-ent

■関連記事
【AKB48】 篠田麻里子さんのファッションブランド 「ricori」 自己破産へ
元AKB48・篠田麻里子のファッションブランド 「ricori(リコリ)」 全店閉店

セーラーゾンビ Blu-ray BOX(5枚組)
セーラーゾンビ Blu-ray BOX(5枚組)