連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕「週刊文春」が、歴代のNHK連続テレビ小説でどれが面白かったかを読者にアンケートし、人気ランキングを発表しました。

ダントツ1位は、371票を集めた「あまちゃん」(2013年)。
「あまちゃん」は平均視聴率で20・6%で、5位の「ごちそうさん」の22・3%には負けているものの、見事に1位を獲得しました。

2位は175票で「ゲゲゲの女房」(2010年)、3位は最高視聴率62・9%というテレビ史に残る「おしん」(1983年)が選ばれました。



■NHK朝ドラ「人気ランキング」やっぱり『あまちゃん』ダントツ!週刊文春アンケート

a000

「週刊文春」(2014年8月14・21日号)が、歴代のNHK連続テレビ小説でどれが面白かったかを読者人気ランキングをやっている。メルマガ会員2500通の集計だという。1961年にスタートして、現在放送中の「花子とアン」で90作目なのだが、ダントツは371票を集めた「あまちゃん」(2013年)だ。「じぇじぇじぇ」が流行語大賞をなるなど、もはや社会現象にまでなった。東日本大震災がどう描かれるのか、日本中が注目したのだ。

2位は175票で「ゲゲゲの女房」(2010年)で、漫画家の水木しげるの妻が主人公で、貧しくても明るく生きる夫婦が好感された。3位はやはりというか、さすがというか、最高視聴率62・9%というテレビ史に残る「おしん」(1983年)だった。最近の朝ドラは明るく生きるヒロインが人気だが、艱難辛苦、極貧をこれでもかと描き、日本中に涙を流させ、ついには海外でも大ヒットという「お化けドラマ」だ。

以下は、「ちゅらさん」(2001年)、「ごちそうさん」(2013年)、「花子とアン」(2014年)、「カーネーション」(2011年)、「ちりとてちん」(2007年)、「梅ちゃん先生」(2012年)、朝ドラを広く認知させた「おはなはん」(1966年)と、ここまでがベスト10である。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

NHK朝ドラ「人気ランキング」やっぱり『あまちゃん』ダントツ!週刊文春アンケート

■あまちゃん


このニュースに対しネットでは、「おはなはん 藍より青く」「花アンはヒロインの印象が最悪だからな」「あまちゃん楽しかったな!」「ゲゲゲの女房は良かった」「ゲゲゲ以降、純愛すら見続けたが花子はパス」「俺の松下奈緒は2位か、頑張ったな」「あまちゃんが視聴率低めなのは、老人には受けなかったため」「ゲゲゲの女房>>>>>>>>>>あまちゃん」「おしんの右に出るドラマはないだろ。あれはすごい」「俺、ウェル亀好き」「あまちゃんは良かった。毎日楽しかったな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1407481803/

■関連記事
「続編が観たい連続ドラマ」 1位半沢直樹、2位あまちゃん、ドラマのシリーズ化は7割以上が肯定的
紅白で 「あまちゃん」 が一夜限り復活 アキ、ユイが 「潮騒のメモリー」 披露

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1 (2013)
あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1 (2013)