偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方15日に放送されたフジテレビ系「バイキング」で、MCの坂上忍が、ASKAの芸能界復帰について、「ダメだよ」と厳しい意見を述べました。

この日の番組では、ASKAについて「復帰すべきか?否か?」をテーマにトークが展開。

野々村真や遼河はるひが「復帰すべき」との意見を出す中、坂上忍は、「なんで擁護するんだと。ダメなことやったら馬鹿野郎でいいんだよ!」と反論し、復帰についても「ダメだよ!」と一喝しました。



■坂上忍がASKA復帰「肯定」派にブチギレ「擁護したらだめじゃん!」

s000

「復帰すべきでない」という意見の吉倉あおいは、「芸能界に復帰する前にすべきことがあるんじゃないかなと思ったので」と主張。また、ASKAと会ったことがあるといういとうまい子は、「一般人で考えたら、会社はクビになります。元の部署や地位はぜんぶ剥奪されるんです。それが一般的な制裁」としたうえで、刑期が終わったからすぐ芸能界に出るというのはダメだと主張した。

一方、「復帰すべき」という野々村真は、「歌を歌って生活しているんですよ。家族を食わせていかなきゃいけない。そう考えると、ASKAさんは歌うしかない」などと述べ、家族のためにまず歌うのが重要だと主張した。

そして、遼河はるひも「復帰すべき」と主張。「刑期を終えて、色んな感情とか、反省とか、いろんな事を感じて、その後のASKAさんがどういう曲を作るのかなというのがすごい気になる。いい曲・歌ができたらぜひ皆の前で歌って欲しい」と話した。

IKKOも復帰することが「マスト」と主張。IKKOは、ASKAは音楽に対するプレッシャーから覚せい剤を始めたというところがあるため、本当に罪を償うというのは、支持してくれたファンの前で覚せい剤をやることがどんな恥ずべきことかを述べていくことだと持論を展開した。

さらに、ホラン千秋も「復帰すべき」。ASKAは、家族やChageやファンなど、待ってくれている人がいるという「特殊な状況」で、更正した後に本人が復帰したいと思うのであれば「最終的にアリ」とホランは語った。

これに対し坂上は、ASKAが逮捕された際に、「(ASKAの)気持ちはわからないでもない」などと発言していた人にもの凄く違和感を感じたと話し、「擁護したらだめじゃん!だめなんだよ!」「なんで擁護するんだと。ダメなことやったら馬鹿野郎でいいんだよ!」とブチギレた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

坂上忍がASKA復帰「肯定」派にブチギレ「擁護したらだめじゃん!」

■ASKAは復帰すべきか


このニュースに対しネットでは、「もうすでに落ち目だったろ」「コイツは家買う買う詐欺の常習犯」「復帰すべきって言ってるタレントは自分にも何かやましいことがあるんだろう」「懲役3年・執行猶予4年。どっちでもいいけど、それが明けたら好きなようにすればいいと思う」「こんなもんを簡単に復帰させてどうすんだよ。ばかじゃねーの」「復帰ダメって言ってる人は槙原のことどう思ってるの?」「少なからずカタギじゃない方達とつながってるんだろ?復帰OKというやつらの倫理観」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410777060/

■関連記事
ナインティナイン 岡村隆史、ASKA容疑者にチクリ 「ちょっと卑怯やんな」
北野武、ASKA容疑者に 「のりピーみたいに逃げれば良かったのに」

昭和の名作ライブラリー 第20集 ふしぎ犬トントン HDリマスター DVD-BOX
昭和の名作ライブラリー 第20集 ふしぎ犬トントン HDリマスター DVD-BOX