人生で大切なことはすべてマラソンで学んだ!東国原英夫前衆院議員が19日、公式ブログを更新し、入籍報告とともに、相手女性の詳しいプロフィルを明かしました。

それによると、お相手の女性は宮崎在住の一般女性(37)。
11年4月の都知事選落選のあと、宮崎で友人が開いてくれた激励会に彼女も出席していたことから交際が始まりました。

13年に東国原氏の母親が圧迫骨折で入院した際に甲斐甲斐しく看病してくれ、東国原氏が「将来、僕の介護もしてくれないか?」と言ってプロポーズ。
彼女は有名人で言えば、「林家パー子さんの若いころ」に似ているとのことです。



■東国原氏「これが最後の結婚」妻はお茶の水卒の才媛元モデル!詳細をブログ報告

h001

 それによると相手は宮崎在住の一般女性(37)で、1977年長崎県に生まれ、その後、宮崎県串間市出身の父の転勤により富山移住。富山市内の小中学校を卒業し、富山中部高校からお茶の水女子大に進学、卒業後、一般企業に就職。若いころにはモデルをやっていたこともあるという。

 名前や写真は公開しないながらも、趣味・特技についても「料理・着付け・お茶・お花等」と記すほど徹底してそのプロフィルを紹介した。

 東国原氏との出会いは11年4月、都知事選落選のあと、宮崎で友人が開いてくれた激励会に彼女も出席していたことから。「私がちょっと落ち込み、いや結構打ちひしがれていた頃に、陰で支え、励まし、元気付けてくれたのが彼女でした」と、彼女に惹かれていった際の自分の心情を説明した。

 13年には東国原氏の母親が圧迫骨折で入院した際に甲斐甲斐しく看病してくれて、東国原氏は「彼女が母の介護をしてくれているとき、耳元で『将来、僕の介護もしてくれないか?』と頼み込んでみたら、『はい、喜んで』と返事が返って来ました」というやり取りを打ち明けた。

 この言葉を東国原氏はプロポーズのつもりで口にしたのだが、実は彼女は「ただ単に介護をして欲しい」だけの要望と受け取っていたのだとか。

 彼女は有名人で言えば、「林家パー子さんの若いころ」に似ているという。

 「私自身、人生三回目の結婚であります。年齢も57歳で、これが最後の結婚となるでしょう。いや、そうしなければなりません(笑)」と改めて思う東国原氏だった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

東国原氏「これが最後の結婚」妻はお茶の水卒の才媛元モデル!詳細をブログ報告

■東国原英夫オフィシャルブログ
h000
入籍の報告

このニュースに対しネットでは、「いろいろあっても、3回も結婚出来るんですねぇ…」「>これが最後の結婚となるでしょう そう考えないで結婚する人っているんですか?」「結婚するとき、これが最後なんてふつう思わない。なぜなら、それは当たり前のことだから」「元モデルというフレーズってやたらとよく耳にする気がします」「ちょっといい話だな…」「最後にするように大切にしてくれよ」「この人はタレントとして完全復帰する為の知事や政治家だったんだと思う」との反応。

元スレ:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140919-00000046-dal-ent

■関連記事
東国原英夫氏 57歳バースデーに再々婚! 「タフな人生です」
東国原英夫氏 「石原慎太郎は対象を常に 『馬鹿にし』 『蔑み』 『見下した』 ニュアンスで話す」

ファイナルファンタジーエクスプローラーズ【数量限定】早期購入特典ゲーム内で使える「FINAL FANTASYIII オニオン装備」4点セット+ニンテンドー3DS版「FINAL FANTASY」が無料で遊べるダウンロード番号同梱
ファイナルファンタジーエクスプローラーズ【数量限定】早期購入特典ゲーム内で使える「FINAL FANTASYIII オニオン装備」4点セット+ニンテンドー3DS版「FINAL FANTASY」が無料で遊べるダウンロード番号同梱