心のプラカード Type A初回限定盤(多売絵柄生写真付き)AKB48の渡辺麻友が25日に放送されたフジテレビ系『恋愛総選挙』で、一般男性に初めての告白をしました。

抽選で選ばれた14歳のサッカー少年に、まゆゆは「今日伝えたかったことは、えっと、いつも一生懸命サッカーを頑張っているカンタ君のことが大好きです」と初告白し、手作りしたミサンガと手紙をプレゼント。

少年は「ミサンガを命みたいに大切にする」と喜び、まゆゆが「お母さんに聞いたんですけど、女の子に『好き』っていう感情を抱くのも私が初めてみたいで」と裏話を明かすと、峯岸みなみは「アイドルっていう存在について考えさせられた。人を幸せにするお仕事なんだなと」感動して語りました。



■AKB48渡辺麻友の告白にメンバー号泣 峯岸みなみ「アイドルっていう存在について考えさせられた」

w000

 1人目に告白したのは、AKB48のセンターであり、これまで参加が待望されていた渡辺麻友。渡辺は「自分がまさかやる日が来ると思ってなかった」と語ると、応募総数3298通の中から、14歳のサッカー部の男の子が抽選で選ばれた。渡辺は依頼者の下校を待ち伏せて告白するという計画を立てて挑んだ。番組は依頼者のことを知るためにと、渡辺を依頼者の部屋に潜入させ、小学生の頃から渡辺を追いかけているという彼の“まゆゆグッズ”を見物させた。そして下刻時間になり、帰宅途中の依頼者を見つけた渡辺だったが、告白を試みていた場所とは別のルートに進んでしまったため、急遽依頼者の自宅前に移動。依頼者を前にした渡辺は「今日、実は体育祭の練習を外から見ていて。さっきお家にもお邪魔したんです。お部屋にも入りました。それで、今日伝えたかったことは、えっと、いつも一生懸命サッカーを頑張っているカンタ君(依頼者)のことが大好きです」と照れながら告白し、彼の手にミサンガをプレゼントし、手紙を渡して走り去った。

 その後、渡辺は「よくわかんなかった。出来てたのかな」と手を震わせながら告白を振り返り、依頼者はこの一瞬の出来事に「これ(ミサンガ)が切れても絶対保管して、宝物っていうか、命みたいに大切にしたいです。最高を越しました」と感動し、告白は成功に終わった。

 この様子をスタジオで見守ったメンバーは号泣。渡辺が「(依頼者の)お母さんに聞いたんですけど、女の子に『好き』っていう感情を抱くのも私が初めてみたいで」と、撮影の裏話を明かすと、峯岸は「アイドルっていう存在について考えさせられた。人を幸せにするお仕事なんだなと」と、改めてアイドルの存在意義について再考した様子だった。指原が「アイドルもうちょっとやろう」と峯岸の発言に同意し、番組は終了した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

AKB48渡辺麻友の告白にメンバー号泣 峯岸みなみ「アイドルっていう存在について考えさせられた」

■まゆゆ人生初告白


このニュースに対しネットでは、「スキャンダルあった人にはアイドル求めてないからやめていいよ」「清純フィロソフィー、、よく歌えるな、感心した」「男の家に泊まってる女がアイドル語るなよ」「ネタじゃなくて真面目に自分のことアイドルだと思ってるのか」「自分が笑顔になるんじゃなくて、みんなを笑顔にさせるのがアイドル」「渡辺はともかく、外野の二人には無理な話だろw」「昨今、渡辺からはプロのアイドルを感じる。それが造られたものだろうが、虚像だろうが演じ切れてるので立派だと思う」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411622713/

■関連記事
【AKB48】まゆゆこと渡辺麻友 ロックが大好き 「ミッシェルは神!」 と豪語するガチロックファン
【AKB48】 峯岸みなみ、 「去年の最初はいろいろ災難だった」 発言で批判殺到

AKB48 友撮 FINAL THE WHITE ALBUM (講談社 Mook)
AKB48 友撮 FINAL THE WHITE ALBUM (講談社 Mook)>