テレビねこ まーごのお仕事テレビ東京「田勢康弘の週刊ニュース新書」の看板猫「まーご」が10日午後9時、急逝したことがわかりました。8歳7カ月でした。

11日の放送で発表され、同局の繁田美貴アナウンサー(30)は、「普段、寝ている時と何ら変わらない、すごいやすらかな顔をしていて、なでたら今にものどを鳴らしてくれそうな表情で眠っていました」と涙ぐみました。

ジャーナリストで愛猫家の田勢康弘氏(70)は、「先週ですかね、ひそかに約束して、辞める時は一緒に辞めような、と。本当に残念です」と肩を落としました。



■テレ東「週刊ニュース」看板ネコ「まーご」死す…繁田アナ涙

m006

 進行役を務める同局の繁田美貴アナウンサー(30)は会社から急きょ駆け付け、お別れ。「普段、寝ている時と何ら変わらない、すごいやすらかな顔をしていて、なでたら今にものどを鳴らしてくれそうな表情で眠っていました」と涙ぐんだ。

 ホスト役のジャーナリストで愛猫家の田勢康弘氏(70)が生放送中のスタジオ内にネコを常時、歩かせるという演出を提案。

 「この番組を引き受けるかどうかという時に、ネコを出す、そのことを条件にして、それを受けてくてるなら出てもいいですよ、と。そういう経緯で出ることになったので、一心同体で…。先週ですかね、ひそかに約束して、辞める時は一緒に辞めような、と。本当に残念です」と肩を落とした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

テレ東「週刊ニュース」看板ネコ「まーご」死す…繁田アナ涙

■「まーご」死す
m007
m008
m009
m010
m011
m000
m001
m002
m003
m004
m005

このニュースに対しネットでは、「なごむ画像をたくさん見せてくれたよなあ」「まーごさん、かわいかったのに」「死んだあともテレビに映すなんてさすがテレビ局だな」「8歳ってまだ若いじゃん」「綺麗な顔してるな」「眠ってるように死んでるな。うちのぬこは目を開けてたのに」「嘘だろおおおおおおおああ」「タレント犬とかも早死にが多いからな」「温かい家庭で飼われてたら長生きしたかもな。出演者になついてたのは寂しかったからか」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413004894/

■関連記事
中川翔子 「保健所に連れて行くなっ」 と子猫を保健所に送った一般人に激怒し炎上
猫の 「タラ」 が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う

2015年「きょうの猫村さん」卓上カレンダー
2015年「きょうの猫村さん」卓上カレンダー