MEKURU VOL.01 [雑誌] (宮藤官九郎)TBSが、現在放送中の連続ドラマ「ごめんね青春!」内で不適切な表現があったとし、公式サイトにお詫びを掲載しています。

掲載文には、「台詞に実在の学校名を使い、視聴者の皆様に誤解を与える表現がありました。校長先生から、今現在の学校についてのご説明もいただき、私どももお詫びすべきことと考えました」と記載。

26日放送の第3話で、原平助(錦戸亮)の義理の姉で、元グラビアアイドルの原エレナ(中村静香)に生徒の一人が勉強を教えてもらおうとお願いすると、エレナが「それは無理。私、○○(※実在の学校名)だから」と返すやり取りに問題があったとされています。



■「ごめんね青春!」の表現謝罪、実在の学校名使い「配慮足らなかった」。

g000

問題の表現は10月26日放送の第3話で、錦戸演じる高校教師・原平助が受け持つクラスの落ちこぼれ生徒7人が、平助の実家(お寺)で勉強合宿をしているシーンでのセリフ。平助の義理の姉で、お色気満点の原エレナ(中村静香)に生徒の一人が「お姉さん…この問題…」と勉強を教えてもらおうとお願いすると、エレナが「それは無理。私、○○(※実在の学校名)だから」と返すやり取りがあった。

エレナは元グラビアアイドルという設定で、このとき名前を口にした学校は芸能人が多く通うことで知られる有名校だが、実名を出したことが問題視されたようだ。

公式サイトに掲載されたお詫び文では「台詞に実在の学校名を使い、視聴者の皆様に誤解を与える表現がありました。校長先生から、今現在の学校についてのご説明もいただき、私どももお詫びすべきことと考えました」とし、「このような表現は、日々の学業に励んでいらっしゃる在校生の皆様、今後の進路として考えている受験生を始めとして、先生、保護者の皆様、学校関係者の皆様にご迷惑をおかけするものでした」と謝罪。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「ごめんね青春!」の表現謝罪、実在の学校名使い「配慮足らなかった」。

■【TBS】(新番組)宮藤官九郎ドラマ10月スタート!日曜劇場『ごめんね青春!』出演者リレー動画「中村静香」


このニュースに対しネットでは、「別にこのくらいいいだろうに・・・馬鹿じゃね?」「馬鹿だな。こういうのは架空の校名を使用すれば何も問題がないのに。実在する学校名を使用するとか脚本家が馬鹿なんじゃないの」「極道高校思い出した奴」「別にいいじゃんこれくらい。ほんと規制だらけだな日本」「これ、脱力系ドラマとしてはたいへん面白い。森下愛子の位置づけが意味不明だけど」「自分の名前が書ければ受かるんだっけ?」「キングオブコメディーのコントの「今野君の方が馬鹿だよ。工業高校行ってんだから」ってのは笑ったな」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414884412/

■関連記事
ドラマ 「相棒」 成宮寛貴の降板説も … テレビ朝日を悩ますヒット番組の “舞台裏”
堀北真希 4年ぶりに髪を20センチばっさり

グループ魂のGOLDEN BETTER~ベスト盤じゃないです、そんないいもんじゃないです、でも、ぜんぶ録り直しましたがいかがですか?~(初回生産限定盤)(DVD付)
グループ魂のGOLDEN BETTER~ベスト盤じゃないです、そんないいもんじゃないです、でも、ぜんぶ録り直しましたがいかがですか?~(初回生産限定盤)(DVD付)