SUPER SUMMER LIVE 2013サザンオールスターズが2014年のNHK紅白歌合戦に出演し、「ピースとハイライト」と「東京VICTORY」の2曲を横浜アリーナから中継する形で歌い上げました。

桑田佳祐は、チョビヒゲを付け「ピースとハイライト」を熱唱。

しかし、この「ピースとハイライト」には、権力や大義名分による戦争など社会情勢の風刺するかのような文言が盛り込まれており、このような政治色が強い歌をNHKで披露したことは、歴史的な出来事であったと一部、報じられています。



■紅白歌合戦でサザンが歌った「ピースとハイライト」の歌詞の意味は?

s000

「硬い拳を振り上げても」というフレーズは、日本た周辺国の指導者たちをたしなめる言葉に聞こえている。
「裸の王様牛じる世」という言葉も、各国の指導者たちの顔が浮かんでくるではないか。
国同士がいがみ合ったり、拳を振り上げるでのはなく、お互いに理解し合えばいい。

そんな歌詞が大晦日の全国のお茶の間に届けられた。

「愛の力」で現状を変えていこうと訴えるこの歌の歌詞。

ジョン・レノンの「イマジン」を思い起こさせる曲だ。
日本では珍しい平和へのメッセージソング。

その歌詞の意味を改めて噛み締めたい。

歌ったサザン、そして放送したNHKの勇気が伝わってきた。

そういう意味では2014年大晦日の紅白歌合戦は、歴史的な一瞬があった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

紅白歌合戦でサザンが歌った「ピースとハイライト」の歌詞の意味は?

■サザンオールスターズ - ピースとハイライト


このニュースに対しネットでは、「コミックバンドがタバコの害について歌った歌だろ。父親も息子も癌に侵されたことを反省する歌」「長渕と絡みはあったのか?」「炎上狙いだったんだろうが、中島みゆきと美輪明宏の後だったせいで、色んな意味で公開処刑だった感が否めない」「戦争のことは教えない日本史教育の批判してたな。思想的なことに触れるのが怖いから現代史は教えない日本の教師、入試作る側も大東亜戦争関連は出さない」「あのヒゲヒトラーの真似?年末にいやなもん見ちゃったわ」「桑田がすごいのは、あんな歌詞をメロディに乗せるっつうことなんだよ。それに近いのは岡村靖幸くらいだろ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420075640/

■関連記事
【サザンオールスターズ】 桑田佳祐 客席の安倍晋三首相の前で 「衆院解散はむちゃ」 と歌詞替え
サザンオールスターズ、NHK紅白歌合戦 「企画枠」 で出演へ … 白組トリの嵐の前に2曲

HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア (ガンダムビルドファイターズトライ)
HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア (ガンダムビルドファイターズトライ)