全思考 (幻冬舎文庫)今年初め、お笑い芸人のビートたけしが、東京スポーツ紙上で「お笑いブームは終わった。あと10年はこないだろうね」と発言しました。

これを受け、ORICON STYLEが、『現状、お笑いブームは終わったのか?』というアンケート調査を実施。

その結果【YES】が62.6%、【NO】が37.4%という結果となり、6割以上のユーザーが、「ブームは終わった」と考えていることがわかりました。



■“お笑いブーム”は本当に終わったのか?~視聴者、番組制作者の真意

o000

 今回、ORICON STYLEでは、『現状、お笑いブームは終わったのか?』というアンケート調査を実施。その結果【YES】が62.6%、【NO】が37.4%という結果となり、6割以上のユーザーがたけしと同様、「ブームは終わった」と考えていることがわかった。

 【YES】と答えた主な理由としては「自分的には終わって欲しくはなかったのですが、コント番組やお笑い番組がほとんど終わってしまったから」(北海道/10代/女性)、「しっかりとネタ全体を見せる番組が無い。大ブレイクと言われる芸人も、結局はワンフレーズが一人歩き状態」(新潟県/30代/男性)など、やはりブームをけん引するようなネタ番組の減少を要因に挙げる声が多い。

 では、【NO】と回答しブームは継続していると考えているユーザーの意見はどうだろう。「いつの時代もお笑いが好きな人はいると思う」(埼玉県/10代/女性)、「今の大物が引退すればまたブームになると思うし、次の大物も出てくると思う」(岐阜県/10代/男性)、「なんだかんだで、『ダメよ~ダメダメ』とかが流行語になったりしてるから」(大阪府/30代/男性)など、仮に“一発屋”だとしても、新しい芸人や一世を風靡するギャグが毎年のように登場するのだから、“ブーム”は継続しているのでは? というのが主だ。だが、「何をもってのブームなのか?」という点で、世代によって解釈が大きく異なっているのは否めない。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

“お笑いブーム”は本当に終わったのか?~視聴者、番組制作者の真意

■【公式】8.6秒バズーカー『ラッスンゴレライ』


このニュースに対しネットでは、「いま、お笑い芸人って誰がいるの?」「一般人は今の若手芸人なんて誰も知らないからな。ブラックマヨネーズが最後くらい」「後輩芸人いじって笑いとるパターンが増えたあたりで見るのをやめた」「これから淘汰されていくだろうな」「スポーツ見てる方が楽しい」「ネタ番組ブームが終わったな。トーク番組は普通にあるなあ。トーク番組だとアイドルとか文化人までも同じ土俵になる」「去年の流行語大賞はお笑い発だが」「終わったのはテレビ」「ああ、どいつもこいつもグルメグルメで阿呆らしい。カス芸人に美味いもん食わしてわけわからんわ!」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422674381/

■関連記事
ビートたけし 「お笑いブームは完全に終わった」
嵐・二宮和也が立川談春役で主演、立川談志役にビートたけし … TBS系SPドラマ 「赤めだか」

ラッスンゴレライ
ラッスンゴレライ