バカが隣りに住んでいる雑誌、テレビ等で活躍するコラムニストの勝谷誠彦氏が、週刊SPA!6月2日号の自身の連載「ニュースバカ一代」にて鬱病であることを告白しました。

勝谷誠彦氏は、鬱病について「ごく普通の方々では『調子が悪いな』『気分が落ち込んでいるな』から始まるのではないか。そしてだんだんと辛いことになっていく」と告白。

また、同病の可能性のある人々に対し、「それほど心配することはない」と話し、「あと『ちゃんと精神科を受診すること』だ」とメッセージをよせました。



■コラムニスト・勝谷誠彦氏が鬱病を告白「同病の人たちに伝えたい」

k000

歯に衣着せぬ物言いで雑誌、テレビ等で活躍するコラムニストの勝谷誠彦氏が、週刊SPA!6月2日号の自身の連載「ニュースバカ一代」にて鬱病であることを告白した。今回は特別にその回の全文を掲載する。今後、勝谷氏はこの病とどう向き合っていくのか? その動向に注目したい。

◆同病の人たちに伝えたい、病という敵を知れば心配ない

 こういう、ごく私的なことについて書くことには躊躇があったが、私は一応、作家のつもりで、作家というものは自分の恥を切り売りすることでいささかの何かのことを社会に還元できるのであると、昔から考えていたものだから、書くことにする。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

コラムニスト・勝谷誠彦氏が鬱病を告白「同病の人たちに伝えたい」

■勝谷誠彦 Facebook



このニュースに対しネットでは、「北杜夫の躁病の時に株買いまくった話は恐ろしい」「うつ病になると、日常やってきたことができなくなる。偽うつ病の人は、遊びとか好きなことは元気にできる」「こういう人でもうつ病になるんか」「体面気にして隠すことで事態が悪化する。薬で改善することが多い」「欝の症状なんて誰にでもある。うちに秘めるか、口に出してかまってちゃんになるかの違い」「案外、真面目なんだろうな。いい加減な性格なら鬱にはならん」「他人に対して批判、クズとか死ねとか、辛辣な言葉を浴びせているつもりで実はその言葉は自分自身を傷つけているものなのさ。 言霊だよ言霊」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432962948/

■関連記事
テリー伊藤と勝谷誠彦氏が川崎中1男子の事件をめぐり意見が対立
「スッキリ!!」の中国人観光客の特集で勝谷誠彦が中国人を批判「中国からの観光客だらけの銀座なんて行きたくない」

‐薬に頼らずラクになる‐やさしいうつの治しかた
‐薬に頼らずラクになる‐やさしいうつの治しかた