BARFOUT! 225 岡田将生 (Brown’s books)本多孝好のベストセラー小説を実写化したアクション映画「ストレイヤーズ・クロニクル」があまりに大コケで、関係者を落胆させていると報じられています。

関係者によると、公開第1週(6月27・28日)の週末興行成績は6451万円で、最終的にも2億~3億円程度しか見込めない「大幅赤字映画」に決定だとのこと。

主演の岡田将生は芸能界屈指のイケメン俳優であるにもかかわらず、なぜか主演映画は全て配給会社の目標数字を下回っており、映画ライターはこの理由を、テレビでの露出が少ないのと、『草食男子の雰囲気があまりに出すぎ』なのが原因なのではと話しています。



■主演映画が超絶大コケ!岡田将生がイケメンなのに客を呼べない理由とは?

o000

 ベストセラーSF小説の原作で大手ワーナー・ブラザースが配給し、多くのイケメン役者をキャスティングした鳴り物入りの映画「ストレイヤーズ・クロニクル」があまりに大コケで、関係者を落胆させている。

 公開第1週(6月27・28日)の週末興行成績は6451万円。これは公開9週目で上映回数が「ストレイヤーズ──」の3分の1程度しかない「ビリギャル」と同レベルの数字。これでは最終的にも2億~3億円程度しか見込めない「大幅赤字映画」に決定だと関係者が頭を抱えるのも当然だ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

主演映画が超絶大コケ!岡田将生がイケメンなのに客を呼べない理由とは?

■映画『ストレイヤーズ・クロニクル』予告編


このニュースに対しネットでは、「カツゼツが悪いから」「男から見てもこの人はガチで美形だと思うわ」「こいつも5年ぐらい謎のゴリ押しだよなー」「イケメンなのにポンコツ」「バラエティで宣伝してると思うけど。ジャニーズファンのいないジャニーズ俳優みたいな印象がある」「そもそもイケメンじゃないからです」「口の中がブラックホールみたいだから。てかイケメンだけどピークは過ぎたよな」「上映規模次第じゃね」「イケメンでも脚本が糞なら生かせない」「子供向け特撮番組と大差ないクオリティだった」「岡田は叩くが、染谷は免れるのか。芸能界の闇を感じるぜ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435822274/

■関連記事
【映画】 綾瀬はるか版 『ひみつのアッコちゃん』 がビジュアル初公開 (画像あり)
人気漫画 「宇宙兄弟」 が、小栗旬と岡田将生のダブル主演で実写映画化

不便な便利屋 Blu-ray BOX
不便な便利屋 Blu-ray BOX