脳内ポイズンベリー スペシャル・エディション(Blu-ray2枚組)女優の真木よう子(32)が、9月中旬に元俳優の片山怜雄(れお)(33)と離婚していたことがわかりました。

以前から夫とのすれ違い生活が囁かれてきた彼女だけに、芸能関係者から“やっぱり”の声。
片山は結婚と前後して俳優を引退し、作家を目指してマルチタレントのリリー・フランキーに弟子入りしましたが、鳴かず飛ばずで、ほぼ無収入状態で生活費はほとんど彼女の持ち出し。

芸能関係の仕事がないことから、一時は都内のクリーニング店でアルバイトをすることもありましたが、真木は、「うちの亭主は本当に生活力がない。私が産休・育休中なのに収入がないのには愛想が尽きた。働くにしたって、どうしてクリーニング屋なのか」と、呆れ返っていたとされています。



■夫がクリーニング屋でバイトを愚痴って「真木よう子」の最終決断〈週刊新潮〉

m000

 よく「髪結いの亭主」というけれど、それを許しておくほど真木よう子(32)は甘くなかった。6年10カ月に及ぶ元俳優の片山怜雄(れお)(33)との結婚生活を支え続けた彼女だが、実のところ、とっくの昔に愛想を尽かしていたのだ。

 ***

 真木が離婚届を提出したのは9月中旬のこと。以前から夫とのすれ違い生活が囁かれてきた彼女だけに、芸能関係者から“やっぱり”の声があがったのも事実だ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

夫がクリーニング屋でバイトを愚痴って「真木よう子」の最終決断〈週刊新潮〉

■劇場版 MOZU Twitter


このニュースに対しネットでは、「バイトでも働く気はあったんじゃん。完全なヒモかと思ってた」「常盤可哀想」「これ、男女の立場が逆だったら集中砲火ものだろw」「子供がいるのに離婚する夫婦はどうかしてるぜ。DVや浮気ならともかく、旦那に生活力がないとしても、自分が売れて女優で稼げているのなら離婚する必要はないだろ。どうせ男でもできたんだろ」「経済力無いゴミ抱えると大変だな」「専業主夫にこんなに理解がないのになんで女性差別とか自分たちだけ差別されてるみたいに言うのかわからん」「テレビでやってたけど、真木が演技の話をしたら、お前は演技できていいね、嫌みか?と言い、離婚を決断したのは真木の誕生日に、無収入なのに70万以上の時計を買った事らしい」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444597801/

■関連記事
真木よう子、離婚 元俳優の片山怜雄さんと6年10か月でピリオド
真木よう子主演 『問題のあるレストラン』 視聴率一桁の理由

「劇場版MOZU」オフィシャルガイドブック
「劇場版MOZU」オフィシャルガイドブック