なぜならやさしいまちがあったから13日にフランス・パリで発生した同時多発テロによって、多くの日本人も眠れぬ夜を過ごすことになりました。

パリで暮らす著名な日本人も多く、中山美穂(45)はたまたま仕事で日本にいましたが、恋人でミュージシャンの渋谷慶一郎(42)はテロの現場近くに。

中山と昨年離婚し、パリを拠点に活動を続けている作家でミュージシャンの辻仁成(56)も仕事で京都に滞在中だでしたが、中山との間に生まれた長男はパリに残したまま。

中山にとっては、息子と恋人が危機に晒されており、2人とも無事が報告されましたが、今も眠れぬ夜が続いているといいます。



■中山美穂 パリのテロで息子と恋人が危険に晒され不安な日々

n000

 11月13日にフランス・パリで発生した同時多発テロによって、多くの日本人も眠れぬ夜を過ごすことになった。けが人は出なかったが、当時、パリに滞在していた日本人ツアー観光客は修学旅行の高校生などを含め、約1800名。旅行中だった岡本夏生(50才)はブログで「生きています!」と綴った。

 パリで暮らす著名な日本人も多い。雨宮塔子(44才)や中村江里子(46才)、そして中山美穂(45才)。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

中山美穂 パリのテロで息子と恋人が危険に晒され不安な日々

■辻仁成 Twitter


このニュースに対しネットでは、「息子の心配はしてないだろ」「かっこつけてフランスなんかに住んでるからだよ」「息子手放した上に新しい恋人との写真をネット上にあげる神経が理解出来ない」「放射能が怖くて海外へ テロが怖くて日本へ」「ゴクミは?」「夏生はまた旅行かよ」「仕事で海外だからと、子供をお友達の家に預けるという非常識さに驚いた」「嫌々日本に出稼ぎに来なくてもさぁ、仕事キャンセルしてパリに帰ったらいいじゃん。ていうか、誰に需要があるんだよw」「2万人ぐらい亡くなった津波や、メルトダウンしている日本よりマシだろw」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447918281/

■関連記事
乙武洋匡氏 「テロ組織の主張に耳を傾け、対話の扉を」 → 「薄っぺらい理想論」 と猛反発
中山美穂と交際中でパリ在住の渋谷慶一郎 「パリやばい。歩いて5分のとこで銃撃」

中山美穂 パーフェクト・ベスト
中山美穂 パーフェクト・ベスト