歴史の十字路に立って作家で元東京都知事の石原慎太郎氏(83)が、25日に放送されたTBS系『ぴったんこカン・カンスペシャル』にゲスト出演し、『火花』で芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)に次回作に関してアドバイスしました。

石原氏といえば、『太陽の季節』で1955年に第34回芥川賞を受賞し、1995年から2012年までは同賞の選考委員を務めたことでも知られ、最近の小説は「いいものだったら読む」という石原氏。

『火花』の話題になり、石原氏は「大阪弁あまり好きじゃないんだけど読んだ」「面白かった」と評価。自身の経験から「同じものを書いたら絶対ダメだね」「芸人の世界なんか書いたらダメ」「才能があったら、違う題材を見つけてやらざるを得ない」などと助言しました。



■石原慎太郎、又吉の『火花』を高評価! 次作に向け恩人・編集長の言葉を贈る

i000

作家で元東京都知事の石原慎太郎氏(83)が、25日に放送されたTBS系『ぴったんこカン・カンスペシャル』(19:56~)にゲスト出演し、『火花』で芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)に次回作に関してアドバイスした。

次男・良純と高田純次が、石原氏の自宅を訪問。行きつけの老舗イタリアンに場所を移し、そこで『火花』の話題になった。石原氏といえば、『太陽の季節』で1955年に第34回芥川賞を受賞し、1995年から2012年までは同賞の選考委員を務めたことでも知られる。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

石原慎太郎、又吉の『火花』を高評価! 次作に向け恩人・編集長の言葉を贈る

■TBSテレビ 宣伝部 Twitter


このニュースに対しネットでは、「高評価って文字が一文字が見当たらないが」「たしかに『太陽の季節』のあとは大変だっただろうな」「見てたけど前段で注目している作家はいるかと聞かれて、いないと答えて居たんだよな。花火の話を振られて面白かったよと答えた」「石原が人を褒めるってことは珍しと次男坊が言ってたな。又吉は作家としてやっていけそうなのか?賞作家ってことが邪魔をしなきゃ気張らず書いて欲しいけど」「慎太郎は文芸の話のときはいいことを言う。火花を自分の意志で読んだんだろ?それでおもしろいって言ったんだから評価している。自分のときと状況がにてるから気になるかもしれない」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451100179/

■関連記事
東国原英夫氏 「石原慎太郎は対象を常に 『馬鹿にし』 『蔑み』 『見下した』 ニュアンスで話す」
東国原英夫氏、石原慎太郎代表について 「嫌い」 「お山の大将」

飛ぶ教室 44号 2016年冬 (金原瑞人編集号 えっ、詩? いや、短歌! それとも俳句?)
飛ぶ教室 44号 2016年冬 (金原瑞人編集号 えっ、詩? いや、短歌! それとも俳句?)