STERA NHK ウイークリー ステラ13日、不妊治療を特集したNHK総合「ニュース深読み」の放送中、司会の小野文惠アナウンサーが「子どもを産めなかった我々(世代)は社会の捨て石だ」と言ったディレクターの発言を明かし、スタジオ内の全員が絶句する場面がありました。

番組では、1回30~60万円かかる体外受精の成功率は40歳で8.3%、45歳に至っては0.8%といったデータを取り上げ、視聴者からは「生まれない子どもに税金を使わないで。生まれてくる子供、赤ちゃんに税金を使ってほしい」といった厳しい意見が。

今年48歳になる小野アナウンサーは、「実はこの番組を作ったディレクターも私と同じ世代で、気が付いたらタイミングがとっくに過ぎてましたという人」と話し、そのディレクターの「私たちは、捨て石だと思うんですよ。でも小野さん、いい捨て石になりましょうよ。この無念を良いエネルギーにして、世の中に貢献できること探しましょうよ」という発言を紹介。

ネット上では、「『不妊』と言うだけで、なぜ『捨て石』にならねばならない?」といった苦言と共に、「きっと同じ思いをされているんだと感じ、そんな中戦っておられるんだなと感銘を受けました」といった多くの賛辞も寄せられました。



■子どもを作れなかった我々は「良い捨て石になろう」 小野文惠アナの発言にスタジオ絶句

o000

2月13日、不妊治療を特集したNHK総合「ニュース深読み」の放送中、司会の小野文惠アナウンサーが「子どもを産めなかった我々(世代)は社会の捨て石だ」と言ったディレクターの発言を明かし、スタジオ内の全員が絶句する場面がありました。

不妊とは「1年間男女が子作りを続けても妊娠に至らない場合」をいい、検査・治療経験のある夫婦はいまや6組に1組。治療には肉体的・精神的・経済的な負担が重くのしかかります。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

子どもを作れなかった我々は「良い捨て石になろう」 小野文惠アナの発言にスタジオ絶句

■小野文惠アナのセーラー服姿


このニュースに対しネットでは、「まだ前向きな発言だと思う」「若い頃の出産より仕事を選んだ馬鹿。自業自得としか言いようが無い。35才で羊水は昔のエライ歌手が言ってただろ。40代の不妊治療に補助よこせとか気が狂ってるとしか思えん」「まあ、オレも結婚できなかったから捨て石みたいなものか」「子供がいない人が一度は向き合う問題だよ。小野アナは自分の答えが見つかったようでなによりだ」「結婚できないだけでは捨て石にはならんでしょ。なにか未来に貢献できることがなきゃ」「何でわざわざ苦しく生きるのか。もっと気楽に生きろよ」「養子じゃ駄目なの?」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455622547/

■関連記事
桐谷美玲、30歳までに子供欲しい 「あと4年しかない、頑張る」
子ども望まなかった山口智子 “一片の後悔もない” 発言の真意

卵子はよみがえる「不妊治療」の先の真実
卵子はよみがえる「不妊治療」の先の真実