日本を揺るがせた怪物たちジャーナリストの田原総一朗氏(82)が5日、都内で映画「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」の公開記念トークショーに出演しました。

映画は1961年にイスラエルのエルサレムで開かれたナチスの戦犯、アドルフ・アイヒマンを被告とした裁判を、全世界へのテレビ中継実現のために奔走した制作チームの実話を描いた物語。

田原氏は「この裁判を中継したと聞いて、すごいなと思いました」とジャーナリスト魂をたたえ、現代のテレビ番組制作について「昔はクレームは電話で来たけど、今はネットで来る、スポンサーにまで来て大騒ぎになるわけです。だからどの局もクレームのこない番組を作ろうしているから、つまらないのですよ」と嘆きました。



■田原総一朗氏 テレビ制作現場の苦境を解説 クレームがネットでスポンサーに

t000

 ジャーナリストの田原総一朗氏(82)が5日、都内で映画「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」の公開記念トークショーに出演した。

 映画は1961年にイスラエルのエルサレムで開かれたナチスの戦犯、アドルフ・アイヒマンを被告とした裁判を、全世界へのテレビ中継実現のために奔走した制作チームの実話を描いた物語。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

田原総一朗氏 テレビ制作現場の苦境を解説 クレームがネットでスポンサーに

■マーティン・フリーマン主演映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』予告編


このニュースに対しネットでは、「田原この間の朝生でプリカ山尾を絶賛してたなぁ」「公共のデンパを私物化するなよ」「クレームがくることも説明してスポンサーの理解を得れば良いだけだろ。好き放題に日本ヘイトがやりたいってもう無理だよ」「第4の権力であるマスコミは昔は誰からも批判されないから、絶対的権力になり絶対的に腐敗しまくっていた。今はネットのおかげで少しはマシになったってことじゃねえのか」「マスコミの横暴はたしかにあるが、ネット依存のキモオタ犯罪予備軍ごときが偉そうに糾弾するのはどうかと。その根拠もネットの真偽不明、もしくはバイアスかかりまくり情報だし」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1462447849/

■関連記事
田原総一朗氏、 「報ステは偏向」 批判に反論 「局全体でバランス取れていればいい」
『朝まで生テレビ!』 を自民・公明の全議員がドタキャンし、田原総一朗氏が苦言

安倍政権への遺言 首相、これだけはいいたい (朝日新書)
安倍政権への遺言 首相、これだけはいいたい (朝日新書)