監督稼業めった斬り―勝つために戦え!鬼才・押井守監督が29日、新宿バルト9で行われた映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』ティーチインイベントに来場、宮崎駿作品について、行き当たりばったりで願望だけで作られていると辛口で批評しました。

構想15年、総製作費20億円、カナダとの合作でオール北米ロケにより撮影された本作。この日は大勢の押井マニアが集結し、観客からは「押井監督は『構造』という言葉を使うが、この映画の構造は?」「映画の体感時間をどのように考えるか?」といった、哲学的な質問が続々とぶつけられました。

押井は、「構造というのは、建築的なイメージで言っているのですが、何が何を支えているのか、ということ」と話し始め、「監督をやっていても構造を持っている人はほとんどいない。私に言わせれば、宮さん(宮崎駿)は構造がない典型」とバッサリ。

「宮さんの作品はいつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている。でも願望やあこがれ、ロマンチックな要素、思い入れを排除したところに出現するのが、いわゆる構造というもの。これは語り出すと本を1冊書けるくらいの内容になるんだけどね……」と、まだまだ説明しきれない、といった様子で語りました。



■押井守、宮崎駿作品を辛口批評「いつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている」

o000

 鬼才・押井守監督が29日、新宿バルト9で行われた映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』ティーチインイベントに来場、宮崎駿作品について、行き当たりばったりで願望だけで作られていると辛口で批評した。

 構想15年、総製作費20億円、カナダとの合作でオール北米ロケにより撮影された本作。この日は大勢の押井マニアが集結し、観客からは「押井監督は『構造』という言葉を使うが、この映画の構造は?」「映画の体感時間をどのように考えるか?」といった、哲学的な質問が続々とぶつけられた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

押井守、宮崎駿作品を辛口批評「いつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている」

■押井守×鈴木敏夫!映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』予告編


このニュースに対しネットでは、「トトロ涙目」「本日のおまいうスレ」「冗談は顔だけにしろ」「もう引退した奴の事はほっとけよ」「押井監督、犬好きの願望や思い入れが内容に出てないかい?」「そもそも映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』っておもろいの?」「昨日の爆笑問題のラジオでも言いたい放題だったな。高橋留美子嫌いラムちゃん嫌いとか、キャラではルパンもあまり好きじゃないとか」「ここら辺の人たちは友達だけど批判してなんぼだから、宮崎高畑も双方批判し合うしなれ合ったら終わり」「少年アシベのあいつに似てるよな」「宮崎作品が面白いのはまさにこれが理由だと思うんだよな。常に作品の前にも後ろにも人生があるという、その人生の一部を切り取ってるということを強烈に意識させる脚本。作り方も行き当たりばったりでいつもどうまとめようとか大変みたいだけど、2時間の作品だけの他の大多数の映画と違う魅力が出てるのは確かだと思う」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1464600382/

■関連記事
「【アニメ】 押井守監督 “お蔵入り” 83年に製作された 『劇場版 ニルスのふしぎな旅』 国内初公開ナ
【映画】実写版「機動警察パトレイバー」は押井守監督のオリジナル新作。真野恵里菜、筧利夫ら出演

押井言論 2012-2015
押井言論 2012-2015