しんぼる18日放送のフジテレビ「ダウンダウンなう」でダウンタウンの松本人志が、自身監督の映画「しんぼる」の感覚を語りました。

「本音でハシゴ酒」のコーナーには、演出家の宮本亜門がゲスト出演。役者からの質問が全然OKな宮本に対し、質問攻めされることを苦手とする松本。宮本が「監督として聞きたいんだけど、『しんぼる』みたいな作品どうやって説明するんですか?」と質問すると、松本は「あれは僕の世界なんで…」とコメント。

さらに宮本が「スタッフ達とかは?」と問いかけると、松本は「あ~」と当時を思い出しながら、「スタッフは現場ではわかってなかったかもしれないですね」と映画の舞台裏を明かし、「人に自分のやりたい撮りたいモノを説明することがめんどくさいんですよ」と語りました。



■松本人志 監督映画「しんぼる」の感覚語る「スタッフはわかっていなかったかも」

m000

 18日放送のフジテレビ「ダウンダウンなう」でダウンタウンの松本人志が、自身監督の映画「しんぼる」の感覚を語った。

 松本といえば、2007年公開の映画「大日本人」で長編映画監督デビュー。2009年には「しんぼる」、2011年には「さや侍」、2013年には「R100」で監督を務めており、その独特な世界観で注目を浴びたが、あまりにも独特な表現なため、松本映画を鑑賞した人たちの間では賛否両論が大きく分かれている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松本人志 監督映画「しんぼる」の感覚語る「スタッフはわかっていなかったかも」

■映画 「しんぼる」 松本人志 監督作品


このニュースに対しネットでは、「じゃ監督なんかすんなよ」「出演者の大竹しのぶも変な映画って言ってたな。出演者もスタッフなのか?」「素人にあれこれ指図されたスタッフ可哀想」「ひとり芝居すべってたよね。レンタルで借りて見たけど、途中で挫折しそうだった」「一般人もわかってないよ」「まあ、松本さんだけだろ。世界中でただひとり理解していたのは」「あの映画は見た人によって解釈が思い切り別れる。そら松本の考えてること理解してる人なんかおらんわ」「こいついつも周りがついて来てない的に言うよな」「松本自身も理解してたか怪しいぞ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1479553796/

■関連記事
松本人志も欲しがった 「ファミコンミニ」 の昔はなかった革新的機能とは?
松本人志 松本式 “不快な人物対処法” に共感広がる ツイッターで

ポケットモンスター ムーン - 3DS
ポケットモンスター ムーン - 3DS