パックンのAre You a 国際人?20日、第45代大統領に就任した共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)が、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で就任演説を行いました。

「多くの人はトランプは大統領に就任すれば常識的になるだろうと期待していました。僕も就任演説くらいは常識人を装うと思っていました。でもオバマ大統領に対する礼の言葉は少なく、選挙を戦ったヒラリーについては全く触れなかった。融和の言葉はなく、支持者の怒りをあおるような言葉を連呼する。就任演説ではなく集会演説です」と、パックン。

「人種に触れたのは『黒人でも褐色でも白人でも同じ赤い愛国者の血を流す』という1カ所だけで、就任式の会場を見てもオバマ夫妻以外、有色人種が見当たらなかったのは異様」とし、「コアの支持者だけに向き合っているのでないかと懸念しています」と話しています。



■トランプ氏演説怒り連呼、融和の言葉なし/パックン

p000

 20日、第45代大統領に就任した共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)が、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で就任演説を行った。

 就任演説は選挙で分裂した国民を融和し、団結させる役割があります。しかし、トランプ大統領の演説は「エスタブリッシュメント(支配階級)は自分たちは守ったが、この国の市民は守らなかった」とか「アメリカの産業を犠牲にして外国の産業を豊かにしてきた」とか、既成政治と外国に怒りの矛先を向け、選挙中と同じように仮想の敵をつくっていました。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

トランプ氏演説怒り連呼、融和の言葉なし/パックン

■パックンマックン 公式 Twitter


このニュースに対しネットでは、「火を付けたり窓ガラス割る人達と融和したいか?」「アメリカファーストがキャッチフレーズとはな。本格的にアホだったな。選挙に勝つための手法とか擁護してたやつも今頃顔面蒼白だろ」「気に入らないからと暴動を起こす連中に迎合する必要があるか?」「今でこそ多人種社会を謳ってるけど、もともとアメリカって多人種国家を作ろうとして成立した国じゃないから、その揺り戻しが来てるんじゃないの」「オバマ路線がそんなに支持されているなら、トランプが当選するわけないだろう」「ヒラリーを当選させぬためには、こんなゲス野郎を大統領にするしかないのかよ。本当に気分の悪い演説だった。アメリカ人ってのはどんだけ強欲なんだよ」との反応。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485048116/

■関連記事
パックン 「市街地に原爆を投下するアメリカを、僕には理解できない」
パックンは本当にハーバード大卒業?詐称疑惑広がる ⇒ TBSの編成局長、パックンの大卒業証書公開

トランプ (文春e-book)
トランプ (文春e-book)